「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

上州将棋祭りの「特設会場」で無料でプロ棋士の指導対局を受ける方法

 
上州将棋祭りの「特設会場」で無料でプロ棋士の指導対局
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

上州将棋祭りの「特設会場」で無料でプロ棋士の指導対局

上州将棋祭りの「特設会場」では、
プロ棋士の指導対局を受けることができます。

会場を訪れた人なら
誰にでも指導対局を受けるチャンスがあり、
しかも無料。

初めて参加する人にもわかりやすいように、
抽選へ参加する方法などをまとめました。

「特設会場」で行われるイベント

上州将棋祭りでは
メインステージで行われるイベントの他に
「特設会場」があります。

メインステージでは
席上対局などが行われ、
それが将棋祭りの目玉です。

その様子は例年
ニコニコ生放送でも放送されており、
会場にいない人も
その場にいるかのように楽しむことができます。

 

しかし、上州将棋祭りの魅力は
メインステージでの席上対局
だけではありません。

「特設会場」での催し物も
大きな楽しみなのです。

「特設会場」はメインステージ前の
客席の後方にあります。

「特設会場」の様子は
ニコニコ生放送で見ることはできず、
そこでのイベントに参加するのは
現地に足を運んだ人だけの特権です。

 

「特設会場」では
プロ棋士による指導対局が行われるほか、
今年は「サイン会」
行われるようです。

「サイン会」では
佐藤天彦名人、高見泰地叡王、
佐藤康光会長という3人の人気棋士の
サインがもらえるようですので、
詳細はまだ不明ですが注目ですね。

特設会場では他に
「詰将棋クイズ」
自由に対局ができる「将棋広場」があります。

また、将棋連盟が売店を開いており、
棋士の揮毫入の扇子や色紙、
それに様々な将棋グッズを売っています。

 

メインステージと「特設会場」での
イベントのプログラムは
こちらの公式ページで確認できます↓

「座席指定整理券」がなくても楽しめる

「特設会場」での催しの良いところは、
「座席指定整理券」を持っていなくても
その券を持っている人と変わらずに
楽しめるところです。

「座席指定整理券」を入手するには、
朝早い時間に行列に並ぶ必要があります。

詳しい入手方法はこちらの記事に書きました↓

 

当日に会場に行ったとしても
「座席指定整理券」を入手できなければ、
メインステージには近寄ることもできず、
立ち見をするしかなくなります。

それだけでは少し残念ですよね。

 

だからこそ、
「座席指定整理券」を持たない人は
「特設会場」でのイベントを
楽しむチャンス
です。

もともとメインステージと
「特設会場」でのイベントは
同時並行で進むので、
両方に参加することはできないのです。

メインステージ前の座席に座っていない
ことを逆手に取って、
「特設会場」を存分に楽しみましょう。

指導対局は無料で受けられる

「特設会場」でのメインイベントは、
なんと言っても指導対局

人気棋士と直接対局ができて、
しかも無料というのが素晴らしいです。

 

冒頭の写真は、
2018年の上州将棋祭りでの
指導対局の様子です。

上州将棋祭りでの指導対局は
例年の恒例イベントで、
そのやり方は毎年ほとんど同じです。

ですので、2019年も
同様のやり方をすると予想されます。

 

2019年の指導対局のプログラムは
公式ページで公表されており、
以下の通りです。

11:00〜
三浦弘行九段
中村太地七段
及川拓馬六段
中澤沙耶女流初段
12:30〜
佐藤康光会長
高見泰地叡王
山田久美女流初段
本田小百合女流三段
14:00〜
藤井猛九段
三枚堂達也六段
大橋貴洸四段
中澤沙耶女流初段
15:30〜
三枚堂達也六段
大橋貴洸四段
渡辺愛女流王位
山田久美女流四段

 

高見泰地叡王、佐藤康光会長などの
大物棋士の指導対局が受けられる機会は貴重です。

ただし、上州将棋祭りの指導対局では
指導を受けたい棋士を選ぶことはできないので、
その点は注意しましょう。

 

この後詳しく説明しますが、
抽選によってどの棋士の指導対局を
受けられるかが決まります。

もし「この棋士の指導対局を受けたい」
と思うのであれば、
その棋士が指導をする回を狙って
抽選に参加
しましょう。

お目当ての棋士の指導対局に
当選する確率は低いでしょうが、
挑戦しないことには実現のしようがありません。

 

指導対局に当選する確率は
高いとは言えないものの、
チャンスはあります。

指導対局では
それぞれの棋士が3面指しをしてくれるので、
1回につき12人が参加できます。

それが計4回あるので、
1日に48人もの人が指導対局を
受けられるのです。

指導対局の整理券の抽選へ参加

指導対局の希望者は多いので、
指導を受けるためには
整理券の抽選に参加しなければいけません。

抽選が行われる場所は、
座席が並んでいる場所の
後方のスペースです。

抽選をするタイミングは
上にリンクを貼った公式ページに書いてあるので、
その時間には座席後方のスペースに
いるようにしましょう。

メインステージでの特定のイベント終了後に
整理券の配布を行う予定
のようです。

 

そして、
「これから抽選を始めます」
というアナウンスがあったら、
抽選のための列が作られるので
そこに並びます

去年の抽選では、
焼き鳥の串のような棒の先を
1本引きました。

棒を引いていくだけなので、
大勢の人が並んでも
抽選自体はすぐに終わります。

選んだ棒の先に印が付いていたら当たり、
そうでなければ外れというわけです。

 

引き当てた棒によって、
どの棋士の指導を受けるのかも
自動的に決まります

当たった場合には、
整理券として「指導対局券」がもらえます↓

上州将棋祭りの「特設会場」で無料でプロ棋士の指導対局

 

この券に書いてあるように、
指導対局の時間の5分前には
指導対局場にいる
ようにしましょう。

時間になったら
指導対局場にいる係の人に券を見せれば、
「この席に座ってください」
と案内されます。

 

あとは時間になってやってきた棋士に
希望の「手合」を伝えて
対局を始めればいいです。

「手合」というのは、
「二枚落ち」や「飛車落ち」など
どれぐらいのハンデをつけるかということです。

これは指導を受ける側が
自由に決めることができます
が、
上州将棋祭りでは
ハンデなしの「平手」での指導対局は
しない方針のようです。

どういう手合で指導対局をお願いするかは、
事前に考えておきましょう。

私の去年の佐藤天彦名人との指導対局

2018年の上州将棋祭りでは、
私は運良く指導対局に当選しました。

しかも、その指導してもらう棋士は
なんと佐藤天彦名人!

棋士が選べない状況で運良く、
現役名人に指導対局してもらえることに
なったのです。

 

そのときに撮影した写真がこちらです↓

上州将棋祭りの「特設会場」で無料でプロ棋士の指導対局

 

盤を挟んで対面した佐藤名人は、
やはり圧倒的なオーラがありました。

私は飛車落ちで挑んだものの、
どうしようもない惨敗。

オーラを感じすぎて、
正直、どんな手合でやっても
まともな勝負になる気がしなかったです。

とはいえ、名人と対局できたのは
ものすごく貴重な経験
で、
このときは本当にラッキーでした。

まとめ

上州将棋祭りの「特設会場」での
イベントについて書きました。

指導対局は素晴らしい機会で、
しかも現地に行った人だけが参加できるものです。

ぜひ高崎のヤマダ電機に足を運んで、
上州将棋祭りを楽しみましょう。

 

メインステージでのイベントを
楽しむために手に入れたい
「座席指定整理券」の入手方法は
こちらの記事に書きましたので、
合わせてどうぞ↓

 

上州将棋祭りの記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.