梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

10周年記念対局、撮影会、閉会式~第10回上州将棋祭り5~

 
上州将棋祭り
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「100万円払ってネットビジネスを教わってわかったこと」を無料で配布中。スキルを身につける仲間が集まるコミュニティを運営しています。お気軽にご参加ください。

上州将棋祭り

今年の上州将棋祭りのレポートもこれで最後。

上州将棋祭りの終盤には、
豪華な席上対局が行われました。

佐藤康光九段vs森内俊之九段の
「10周年記念対局」と、
豊島将之竜王・名人vs羽生善治九段の
「10周年記念スペシャル対局」です。

その他には、
撮影会や詰め将棋将棋クイズ解答・解説、
そして最後の閉会式まで。

現地の様子をお伝えします。

 

ここまでの上州将棋祭りの話はこちら↓

佐藤康光九段vs森内俊之九段

メインステージでは
「新春リレー対局」のあと14時から
「10周年記念対局」が行われました。

対局者は佐藤康光九段と森内俊之九段。

将棋界のトップ棋士として
タイトル戦などで数々の名勝負を
繰り広げてきたお二人。

ですが直近の対戦は2016年11月と、
最近では公式戦で対戦する機会も
減っています。

ひさびさの対局が
公式戦ではないとはいえ公開対局で実現して、
昔からの将棋ファンにはたまりません。

 

解説は藤井猛九段、
聞き手は上田初美女流四段。

藤井九段はさすがのトーク力で
会場を盛り上げていました。

対局の様子↓

上州将棋祭り

 

将棋の内容は
先手の森内九段が解説者を意識したのか
「藤井矢倉」と呼ばれる作戦を採用。

お互いにがっちりと組み合う
昔ながらの矢倉の戦いとなりました。

どちらが勝ちか最後までわからない熱戦となり、
結果は森内九段の勝利

感想戦では
両対局者に藤井猛九段を加えた3人での
ざっくばらんなやりとりが面白かったです。

同い年の3人は「羽生世代」と呼ばれ、
昔からの戦友でお互いをよく知る関係。

お正月らしくなごやかな雰囲気でした。

豊島将之竜王・名人vs羽生善治九段

15時45分からは
いよいよ今年の上州将棋祭りのメインイベント。

「10周年記念スペシャル対局」
豊島将之竜王・名人と羽生善治九段の一局です。

昨年に名人と竜王のタイトルを獲得して
今をときめく豊島さん。

関西在住であり、
群馬県を訪れたのは初めてとのこと。

対する羽生さんは言わずと知れた
将棋界のスター棋士。

この二人をお目当てに
上州将棋祭りの会場にやってきた
という人も多いことでしょう。

この対局の解説は三浦弘行九段、
聞き手は山田久美女流四段でした。

対局の様子↓

上州将棋祭り

 

今年の上州将棋祭りでは
例年にない人の多さに
朝から圧倒されっぱなしでしたが、
この対局のときに混雑がピークに達しました。

見てください、
この立見の人の多さを↓

上州将棋祭り

 

さすがはメインイベントです。

 

対局の内容は、
豊島さんが先手で「矢倉」。

対して羽生さんは
銀をすばやく繰り出す急戦で対抗して、
はなばなしい戦いになりました。

本局では羽生さんが強さを発揮。

優勢になってからは
一気に豊島玉を寄せきって、
羽生さんの勝利となりました。

 

実はこの対局中、
私は指導対局を受けていたので、
最後の方しか見ることができませんでした。

それでも後日、
ニコニコ生放送のタイムシフト
で全部を見直すことができました。

こういう使い方もできるので、
ニコニコ生放送で上州将棋祭りを
配信してくれるのはありがたいです。

また、ニコ生では
舞台裏での出演棋士へのインタビュー
が番組内に盛り込まれるなど、
独自の工夫がされていることにも驚きました。

視聴者を楽しませようという
運営スタッフの気持ちが伝わってきて、
すばらしいと思いました。

 

対局中には
なぜか佐藤康光会長が
物販スペースに顔を出していました。

周りにいた人は突然の登場にびっくり。

佐藤会長は近くにいた少年に話しかけて
交流していました↓

上州将棋祭り

 

撮影会

「10周年記念スペシャル対局」の後には
ステージ後方のエリアで
「撮影会」が行われていました。

こちらは朝の抽選で当選した人だけが
参加できるイベント。

こちらが撮影会の様子↓

上州将棋祭り

 

チームYAMADAチャレンジ杯の
高見泰地七段、門倉啓太五段、
山根ことみ女流二段と
記念撮影をしてもらえます。

しかも、3人の揮毫が入った色紙の
プレゼント付き。

参加した人にとっては
とても良い記念になりそうですね。

 

私は朝に行列に並んだものの、
この撮影会の抽選に参加することすら
できませんでした。

そのことについては
こちらの記事に詳しく書いています↓

詰め将棋将棋クイズ解答・解説

閉会式の前のイベントとして毎年恒例なのが
詰め将棋クイズの解答と解説です。

朝から会場には詰め将棋クイズが掲示してあり、
誰でも解答を書いて
応募することができます。

今年の問題は門倉啓太五段の出題でした。

自作の問題の解説をする門倉五段と
聞き手の上田初美女流四段↓

上州将棋祭り

 

今年の詰め将棋クイズは
386人の応募があり、
そのうち307人が正解。

その中から抽選で
12人に色紙がプレゼントされました。

私と友人は残念ながら
色紙をもらうことはできませんでした。

閉会式

楽しかった上州将棋祭りも
いよいよ終了の時間。

17時15分からは閉会式です。

出演棋士全員がステージ上に集合。

代表して豊島さんが
あいさつをしました↓

上州将棋祭り

 

佐藤会長があいさつをするのかと
思っていましたが、
豊島さんがやるのはいいですね。

佐藤会長ばかりがやるよりも、
若い棋士に任せるということで。

豊島さんは今の将棋界で
序列1位の棋士ですしね。

 

閉会式の終了後には
群馬県のゆるキャラである
「ぐんまちゃん」
見送りをしてくれていました↓

上州将棋祭り

 

今年の上州将棋祭りも盛りだくさんで、
とても楽しかったです。

ここで友人たちとは別れ、
私はヤマダ電機で買い物。

上州将棋祭りは無料のイベントなので、
せめて買い物でお金を落とそうと
ささやかですがスマホの保護フィルムを購入。

18時過ぎにヤマダ電機をあとにしました。

 

朝の8時半に行列に並ぶところから始まり、
充実した1日でした。

来年の上州将棋祭りも今から楽しみです。

まとめ

上州将棋祭りでは、
メインイベントとして
10周年記念の席上対局が行われました。

佐藤康光九段vs森内俊之九段、
豊島将之竜王・名人vs羽生善治九段、
どちらも豪華な対局でした。

他にも撮影会や閉会式などがあり、
上州将棋祭りは最後まで盛りだくさんで
とても楽しかったです。

 

 

ここまでの上州将棋祭りの話はこちら↓

 

上州将棋祭りの記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

----------------------------------

私は情報発信ビジネスで起業して、
自宅で自由に働いています。

起業する前は転職も経験しており、
自分が何をしたいのかわからなくて
悩みまくった時期もありました。

そんな私が変われたのは、
「論理的思考」を鍛えたからです。

論理的思考を身につければ
苦しいときを乗り越えて
人生の転機を自分で作る方法を
見つけることができます。


かつての私のように
悩んでいる人の力になりたくて、
私の経験を本にまとめました。

大学受験、就職活動、転職、そして起業
という流れを
ストリー形式でまとめており、
おもしろく読み進められます。

また、読むだけで論理的思考のことが
わかるように書いたので、
仕事や勉強などにすぐに役立てられます。


メルマガのなか限定で
その本を公開しているので、
もし興味があれば
読んでみてください。

電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



電子書籍プレゼント!

大学受験、就職活動、転職、起業・・・
苦しい状況を乗り切ってきた
真実のストーリー

「私の人生を変えた論理的思考」

無料プレゼント中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「100万円払ってネットビジネスを教わってわかったこと」を無料で配布中。スキルを身につける仲間が集まるコミュニティを運営しています。お気軽にご参加ください。

Copyright© コタローノート , 2020 All Rights Reserved.