梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

渡部愛女流三段の指導対局に当選!~第10回上州将棋祭り4~

 
上州将棋祭り
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「100万円払ってネットビジネスを教わってわかったこと」を無料で配布中。スキルを身につける仲間が集まるコミュニティを運営しています。お気軽にご参加ください。

上州将棋祭り

上州将棋祭りで毎年お楽しみの指導対局。

誰でも抽選に参加することができ、
当たりを引けば
無料で指導対局が受けられます。

今回、なんと私は当選。

渡辺愛女流三段に教えていただきました。

抽選からの流れをレポートします。

 

ここまでの話はこちら↓

上州将棋祭りの指導対局

上州将棋祭りでは毎年、
指導対局が3回行われます。

今年の指導対局の3回目を担当したのは
以下の棋士の方々でした。

高見泰地七段
門倉啓太五段
渡部愛女流三段
山根ことみ女流二段

 

棋士が4人でそれぞれ3面指しをして、
合計12人が指導対局を受けられます。

上州将棋祭りのすごいところが、
指導対局はすべて無料であること。

お金を払ってでも指導対局を受けたい
という人はたくさんいるでしょうから、
有料でもいいのではと私は思うのですが。

無料で指導してもらえるというのは
ありがたい話ではあります。

ただ無料だということもあって
希望者はたくさん集まりまるため、
当選確率は低めです。

指導対局の抽選

今年の上州将棋祭りでは、
指導対局抽選には最後の3回目にして
はじめて私は参加しました。

全部で3回ある指導対局の抽選のうち、
1回目はアナウンスがなかったため
抽選の開始に気づかず参加できず。

2回目はあまりに人が多くて、
当選確率があまりに低いことと
順番待ちの時間がかなり長そうだったため
あきらめました。

3回目の抽選は
1回目のやり方とほぼ同じで、
今度は列に並ぶのが間に合ったので
抽選に参加できました。

「10周年記念対局」のあとに
私は友人とともに列に並びましたが、
あいかわらずすごい人の数で、
行列はこんな感じ↓

上州将棋祭り

 

列が長すぎて1列に収まりきらず、
2列になっていました。

こんなにも人がいれば
当たる確率はだいぶ低いですから、
私はほぼあきらめていました。

でも、この日はヤマダ電機の開店前から
行列に並んだにもかかわらず
観覧整理券を手に入れられなくて、
ずっと立見でした。

だからせめて
指導対局の抽選ぐらいは参加しておこう、
という気分だったのです。

私がくじを引くところを
友人が撮影してくれていて、
その写真がこちら↓

上州将棋祭り

 

驚いた顔をしていますが、
それもそのはずで
なんと当たりを引いたのです

私は過去に何度も
上州将棋祭りの抽選には参加していて、
先端が赤くなっている棒が当たりであることは
わかっていたので、
その棒を引き当ててびっくり。

運営の人がすぐに指導対局の券を
渡してくれました。

それがこちら↓

上州将棋祭り

 

渡部愛女流三段の券でした。

上州将棋祭りでは
どの棋士の指導対局かは選ぶことはできず
抽選のときに自動的に決められます。

私としては指導対局に当たって、
しかも人気棋士の渡部愛さんの
指導が受けられるということで、
とてもうれしかったです。

くじを引いたのは15時15分だったので、
すぐに指導対局の会場に向かいました。

ちなみに友人は残念ながら抽選に外れていましたが、
私の対局を観戦してくれました。

「飛車落ち」の事前準備

上州将棋祭りの指導対局のルールでは
手合は平手はダメで必ず駒落ち、
そして駒落ちであれば
希望の手合を自由に選ぶことができます

私は指導対局を受けられるのであれば
「飛車落ち」でお願いしようと
事前に決めていました。

 

実はこの前日、
私は寝ようとする直前に思い出したのです。

上州将棋祭りで指導対局が受けられるかもしれないと。

そこで、
駒落ち定跡を勉強し直しました。

私が頼りにしている本がこちら↓

 

私は2019年8月に
YAMADAチャレンジ杯の会場で
佐藤康光九段の指導対局を受けました。

そのときはこの本で勉強しておいたおかげで
「飛車落ち」で勝利することができたのです。

その件については
こちらの記事に詳しく書いています↓

 

佐藤康光九段に勝てたことは
大きな自信になりました。

ただ、
2018年1月の上州将棋祭りでは
佐藤天彦名人(当時)に
飛車落ちで完敗しており、
まだ角落ちに進むには自信がありません。

というわけで、
改めて飛車落ちの章を読み直しました。

けっこう忘れている部分もあったので、
読んでおいてよかったです。

そして指導対局が受けられることになり、
その勉強の成果を出すチャンスがやってきました。

渡部愛女流二段の指導対局

指導対局の席で待っていると
時間通りに渡部愛女流三段がやってきて、
3面指しでの指導対局がスタートです。

友人が撮影してくれた指導対局の様子↓

上州将棋祭り

 

私は飛車落ち定跡の王道である
「右四間飛車」に組みました。

対して渡部愛さんは
だいたいは定跡通りでありつつも、
細かく工夫をして
定跡を外してきます。

このあたり、
さすがはプロの技です。

こんな局面になりました↓

上州将棋祭り

 

すでに定跡書にはのっていない局面です。

ここからどうすればいいのかわからなくて
パニックになってしまいそうではありますが、
私には準備がありました。

佐藤康光九段と対局したときも
定跡を外されて困ったので、
そんなときに使えそうな仕掛けの手段を2つ
あらかじめ考えてあったのです。

あまり詳しく書くと長くなるので省略しますが、
その2つというのは
「▲2五歩、△同歩、▲4五歩」と「▲6六角」で、
じっくり考えて「▲2五歩」の方を選びました。

この仕掛けのあとも
ミスをしないように指し進めて、
飛車落ちのハンデぶんの優勢をキープ。

最後は自玉に詰めろがかかった局面で
この銀を打って詰ましにいって、
勝利することができました↓

上州将棋祭り

 

終局した後には
感想戦もしっかりやってもらえました。

感想戦中の渡部愛さん↓

上州将棋祭り

 

「この手が良い手だった」とほめてもらえたり、
「こうやられたらもっと困っていた」と
改善点を教えてもらったりして、
とても勉強になりました。

私としては
事前の勉強の成果をしっかりと出すことができたので、
充実感があってよかったです。

最後に友人が写真を撮ってくれました↓

上州将棋祭り

 

自分ひとりだとこういう写真は撮れないので、
友人には感謝です。

渡部愛さんにはていねいに指導していただき、
とてもありがたかったです。

私は今後の渡部愛さんの公式戦での活躍に注目して、
応援しようと思います。

まとめ

上州将棋祭りでは指導対局の抽選に当選。

渡部愛女流三段に教わることができました。

事前にげ勉強しておいた飛車落ちで挑み、
勉強の成果を発揮して勝利。

感想戦ではていねいに指導してもらえて、
とてもありがたかったです。

 

 

ここまでの話はこちら↓

 

上州将棋祭りの記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

----------------------------------

私は情報発信ビジネスで起業して、
自宅で自由に働いています。

起業する前は転職も経験しており、
自分が何をしたいのかわからなくて
悩みまくった時期もありました。

そんな私が変われたのは、
「論理的思考」を鍛えたからです。

論理的思考を身につければ
苦しいときを乗り越えて
人生の転機を自分で作る方法を
見つけることができます。


かつての私のように
悩んでいる人の力になりたくて、
私の経験を本にまとめました。

大学受験、就職活動、転職、そして起業
という流れを
ストリー形式でまとめており、
おもしろく読み進められます。

また、読むだけで論理的思考のことが
わかるように書いたので、
仕事や勉強などにすぐに役立てられます。


メルマガのなか限定で
その本を公開しているので、
もし興味があれば
読んでみてください。

電子書籍「私の人生を変えた論理的思考」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



電子書籍プレゼント!

大学受験、就職活動、転職、起業・・・
苦しい状況を乗り切ってきた
真実のストーリー

「私の人生を変えた論理的思考」

無料プレゼント中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「100万円払ってネットビジネスを教わってわかったこと」を無料で配布中。スキルを身につける仲間が集まるコミュニティを運営しています。お気軽にご参加ください。

Copyright© コタローノート , 2020 All Rights Reserved.