「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋の「居飛車」と「振り飛車」の見分け方~玉の位置に注目~

 
居飛車と振り飛車
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

居飛車と振り飛車

将棋の「居飛車」と「振り飛車」は
見分け方が難しいですよね。

飛車が横に動けば必ず振り飛車なのかというと、
そういうわけでもありません。

実は、「玉の位置」に注目すると
居飛車と振り飛車の違いが
わかりやすくなりますよ。

意外と知られていない
戦法の「考え方」の部分を紹介します。

居飛車と振り飛車の見分け方

「居飛車」と「振り飛車」
将棋の二大戦法。

たいていの戦法は
どちらかに分類され、
居飛車の戦法が得意でよく指す人は「居飛車党」
振り飛車の戦法が得意でよく指す人は
「振り飛車党」と呼ばれます。

 

「居飛車」の戦法としては、
例えば「矢倉」「角換わり」「相掛かり」「横歩取り」
などがあります。

「振り飛車」の戦法としては、
「中飛車」「四間飛車」「三間飛車」「向かい飛車」
などがあります。

 

ここに挙げた戦法はいずれも
典型的な「居飛車」と「振り飛車」の戦法ですが、
定跡が整備されていない「力戦」になった場合など、
どちらに分類するべきか
わかりにくい将棋
もあります。

そこで、そんな場合でも
「居飛車」なのか「振り飛車」なのか
自分なりに判断できるように、
「居飛車」と「振り飛車」の
そもそもの考え方から紹介します。

振り飛車:玉を安全な位置に動かす

まずは振り飛車。

振り飛車の根っこにある考え方は
「玉を安全な場所に移動させたい」
ということです。

 

どういうことか。

この図は、将棋の最初の形から
自分の「玉」と
相手の攻めの主役である
「飛車」と「角」だけを抜き出したものです↓

居飛車と振り飛車

 

こうして見ると、
相手の飛車と角は
自陣の左側を狙っていることがわかります。

つまり、自陣の左側は危険なのです。

だから、玉は危険な左側から離して、
自陣の右側に置いておきたい

これが、振り飛車の土台となる考え方なのです。

「玉飛接近すべからず」の格言

将棋の大事な考え方として、
「玉飛接近すべからず」というものがあります。

意味としては、
「玉」と「飛車」はなるべく離れた場所に
配置しておきましょう、ということです。

 

その理由は大きく2つあります。

まず1つ目の理由は、
攻めの主役である飛車の近くでは
戦いが起こりやすい
ため、
玉がいるには危険な場所だから。

2つ目の理由は、
相手から攻められたときに
強力な駒である飛車といちばん大事な玉が
いっぺんに攻められることを
避けたい
からです。

そのため、居飛車にせよ振り飛車にせよ、
飛車と玉は離して配置するのが基本となります。

 

さきほど説明したように
玉を安全な右側に移動させた場合、
「玉飛接近すべからず」に従えば
飛車は玉から遠い左側に配置した方がいい。

そこで飛車を左側に「振る」ことで、
「振り飛車」となるわけです。

ただ、玉が右側に移動し始めてから
飛車を左側に移動させようとすると、
玉が飛車の動きをジャマしてしまいます。

だから、振り飛車を指すときには、
まず飛車を左側に移動させて、
その後で玉を右側に移動させる
のです。

こうすることで、
振り飛車の陣形がスムーズに出来上がります。

 

まとめるとこうなります。

玉を安全な右側に移動させたい

そのために、まずは飛を左側に移動させよう

 

これが振り飛車の考え方。

大事なのは、玉の位置を決めてから
飛車の位置を決める
という順番です。

居飛車:飛車を働かせたい

では、居飛車の場合はどうでしょうか。

居飛車の根っこにある考え方は
「攻めの主役である飛車を働かせたい」
ということです。

今度はこちらの図を見てみます↓

居飛車と振り飛車

 

「角」は強力な駒ですが前には進めないので、
その頭が弱点です。

そして、その弱点をちょうど攻められる位置に
自分の「飛車」が最初から配置
されています。

飛車の最初の位置というのは、
攻めに使うのには最高の場所なのです。

となれば、これを活かさない手はありません。

最初の位置に「居」たままで、
飛車先の歩をどんどん突いていきます。

 

飛車を最高の位置で使いたいというのが、
居飛車の土台となる考え方なのです。

再び「玉飛接近すべからず」の格言

ここでまた「玉飛接近すべからず」の
考え方を思い出します。

飛車を最初の位置のまま使うということは、
飛車は自陣の右側にいることになります。

となれば、玉を飛車から
離れた場所に置こうとすれば
自陣の左側に移動させなければいけません。

こうして、居飛車の場合の
飛車と玉の位置取りが決まります。

 

まとめるとこうなります。

飛車を最初の位置(右側)のまま使いたい

だから、玉は左側に移動させよう

これが居飛車の考え方。

 

大事なのは、飛車の位置を決めてから
玉の位置を決める
という順番です。

 

振り飛車が玉の位置から決めていたのと比べると
逆になっています。

つまり、「玉の安全度」を優先する振り飛車と
「飛車の活躍」を優先する居飛車

という考え方の違いがあるのです。

「居飛車」と「振り飛車」の見分け方

以上の考え方をふまえて、
「居飛車」と「振り飛車」の見分け方を紹介します。

ポイントは、「玉の位置」に
注目する
ことです。

ズバリ、玉が右側にいれば「振り飛車」、
玉が左側にいれば「居飛車」です。

 

飛車は動きの大きな駒なので、
駒組みが進むうちに
右に行ったり左に行ったりすることがあります。

そのため、飛車だけに注目すると
「居飛車」なのか「振り飛車」なのかが
わかりにくくなります。

その点、玉はいったん居場所を決めたら
それ以上動き回ることは少ない
ので、
「居飛車」か「振り飛車」かの基準として
利用しやすいわけです。

 

ただ、居飛車なのに玉が右に行く「右玉」や
振り飛車なのに玉が左に行く「左玉」といった
例外的な戦法もあることも
付け加えておきます。

まとめ

居飛車と振り飛車の考え方、
そして見分け方を紹介しました。

居飛車か振り飛車かを決めるということは
玉をどこに移動させるかということと
深く関係しています。

将棋対局の中継を見ていても
こういう考え方の部分は出てこないので、
ここで知って参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.