「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

「評価値放送」がニコニコ生放送で開始、解説なしでもありがたいか

 
「評価値放送」がニコニコ生放送で開始
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

「評価値放送」がニコニコ生放送で開始

「評価値放送」が
ニコニコ生放送の将棋中継で
新たに始まりました。

名人戦の中継において
解説付きの通常の番組の
裏番組として最初は登場し、
その後の王位戦挑戦者決定戦では
解説なしの「評価値放送」のみ
という中継も出現。

これまでもアベマTVでは
解説なしの放送はありましたが、
ニコニコ生放送も
同様のことを始めたのです。

たとえ解説がなくても、
将棋中継をしてくれるだけでありがたいと
私は考えています。

賛否両論のある
「評価値放送」について、
考えたことをまとめました。

ニコニコ生放送とアベマTVが似てきた

現在、将棋の対局は
インターネットの動画中継でも
楽しむことができます。

代表的なのが
「ニコニコ生放送」「アベマTV」

この2つは似ていますが、
どんな違いがあるのか。

そんなことを私は以前から考えていて、
昨年12月にはこんな記事を書きました↓

 

この記事を書いたころから
半年ほどが経過し、
状況は変わってきました。

全体的な流れとして、
ニコニコ生放送とアベマTVの差が
なくなってきたのです。

ニコニコ生放送とアベマTVは
提携していくという方針も示されており、
一番良い形をお互いに追求していけば
両者が似てくるのは
当然なのかもしれません。

そんな流れの中で
大きなインパクトがあったのが、
ニコニコ生放送の
「評価値放送」なのです。

将棋ソフトの「評価値」とは

そもそも評価値とは
どんなものでしょうか。

評価値とは、
ある局面での形勢を
将棋ソフトが数字で表したもの

この数字は
同じ局面であっても
将棋ソフトの種類などによって
かなり変わってくるので
あくまでも目安です。

それでも、
今やプロ棋士よりも強い
将棋ソフトの判断なので、
それなりに信頼性があります。

 

なぜ、評価値が重要なのか。

将棋は野球やサッカーなどの
スポーツとは違い、
将棋が詳しくない人には
「どちらが有利か、勝ちそうか」
といったことがわかりにくいです。

野球やサッカーなら
得点が「3対2」などと
ひと目でわかるのですが、
将棋ではそういった数字は
存在しないからです。

そんな状況が、
ニコニコ生放送が
評価値を導入したことで
大幅に改善しました。

評価値は例えば
「200点先手が有利」
などと表示してくれるので、
将棋が詳しくない人でも
形勢が手軽にわかるのです。

 

なお、アベマTVでは
評価値は基本的に使っていません。

評価値を使うことには、
悪い面もあるのです。

そうした悪い面については
こちらの記事に詳しく書きました↓

 

将棋ソフトの評価値を
表示することには、
良い面も悪い面もあります。

そのため、
評価値を見たい人と見たくない人の
両方がいる
ことは、
以前から視聴者のコメントから
明らかでした。

中継時に評価値を
表示させた方がいいのか
させない方がいいのか、
視聴者の間で
議論になっていたのです。

「評価値放送」の初登場

「評価値放送」が
ニコニコ生放送で初登場したのは
2019年5月16日、17日の
名人戦第4局の中継のときのことです。

名人戦第4局について詳しくは
こちらの記事をどうぞ↓

 

「評価値放送」は
盤面と対局室の風景を
ただ映し続けるだけ
という点では、
アベマTVの解説なし放送と
基本的に同じもの。

「評価値放送」では
そうした映像に加えて
将棋ソフトの評価値と候補手
を常に表示する
というのが特徴です。

名人戦第4局の放送においては、
プロ棋士が解説をしながら
評価値をたまに表示させるという
従来の放送は維持しつつ、
「評価値放送」を
裏番組として放送
しました。

 

「評価値を常に表示させるべきか」
という問題の解決策として、
この方法は素晴らしいものでした。

評価値を確認したい人は
「評価値放送」を見ればいいし、
評価値を知りたくない人は
「評価値放送」を見なければいい
という形にできたからです。

今月から開幕した
棋聖戦五番勝負でも
「評価値放送」は行われており、
こうしたやり方は
今後の定番となりそうです。

 

なお、現在のところ「評価値放送」は
プレミアム会員しか視聴できない
ようになっています。

プレミアム会員というのは
月額540円を払うことで
様々な特典が受けられるサービス。

ニコニコ生放送を運営する
ドワンゴとしては
プレミアム会員を増やしたいところなので、
こうした対応になっているようです。

「評価値放送」のみで解説なし

多くの視聴者を納得させた
「評価値放送」ですが、
これが思わぬ方向にも
使われるようになりました。

大きな転換点となったのが、
2019年6月6日の
王位戦挑戦者決定戦の放送。

ちなみに
この対局について詳しくは
こちらの記事をどうぞ↓

 

何が今までと違ったかというと、
この対局では
棋士による解説番組がなかった
のです。

名人戦のときには、
棋士と聞き手が2人一組で解説する
いつもの番組があり、
そのうえで
「評価値放送」も別にある
というやり方でした。

しかし、王位戦挑戦者決定戦では
「評価値放送」のみで、
いつもの番組の方はなかったわけです。

 

こうなると「評価値放送」は、
評価値を見たい人と見たくない人の
両方を満足させるための方法、
という位置づけではなくなってきます。

そうではなくて、
アベマTVの「解説なし放送」と同じことを
ニコニコ生放送も始めた
ということ。

これはこれまでの
ニコニコ生放送の将棋番組にはなかった、
大きな変化です。

解説なし放送の良し悪し

では、ニコニコ生放送で
解説なしの「評価値放送」が
始まったことは、
私たち視聴者にとって
喜ばしいことなのでしょうか。

これは、比べる対象によって
変わってくると思います。

まず、今までのような
解説付きの放送と比べると、
「評価値放送」のみというのは
味気ないもの
です。

「評価値放送」で済ませるのではなく、
きちんと解説もしてほしいところです。

 

一方で、
放送をしてくれるだけでありがたい
という考え方もあります。

たとえ解説なしの「評価値放送」
だとしても、
そもそも放送自体がないのに比べれば
よっぽど良いです。

局面をリアルタイムで確認できるうえ、
対局者のしぐさや表情も
見ることができます。

視聴者のコメントを見たり
自分で書き込んだりしつつ、
将棋ソフトの評価値と候補手を見ながら
対局者の一手一手に一喜一憂する。

私も評価値放送を視聴しましたが、
解説なしでも意外と楽しめる
と思いました。

ニコニコ生放送の運営の人が
たまにアンケートを実施したり、
食事などの情報を
書き込んでくれたのもよかったです。

 

私としては、
解説がないことを残念がるよりも
放送をしてくれることを喜びたいです。

もしや予算がないのか

もちろん一番良いのは、
名人戦第4局のときのように
解説ありの番組があったうえで
「評価値放送」もあること。

なぜ解説ありの放送をしないのかというと、
ニコニコ生放送の予算が厳しいのではないか
想像してしまいます。

つい最近の5月14日からは、
叡王戦のクラウドファンディングも
始まりました。

クラウドファンディングについて
詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

 

クラウドファンディングで
お金を集めないといけないほど
ドワンゴは困っているのかと
思っていたところに、
今回の解説なし放送の開始。

解説のために
男性棋士と女流棋士を呼んで
一日中解説してもらうとなると、
お金がけっこうかかることでしょう。

それが「評価値放送」のみであれば、
予算が抑えられる
という事情はわかります。

 

ニコニコ生放送が
対局の生中継を初めてしてくれたころは、
私は放送があるだけで大喜びしていました。

それが今となっては、
中継があるのがあたりまえ
のように感じてしまっています。

対局の生中継にはお金がかかります。

その当たり前のことを思い出して、
放送があることのありがたみを
感じないといけませんね。

まとめ

ニコニコ生放送で
今までになかった試みである
「評価値放送」が始まりました。

これは評価値を
見たい人と見たくない人の両方に
対処するための方法なのかと思っていたら、
それ以外の使い方もありました。

アベマTVの解説なし放送のように、
「評価値放送」だけを
行うようにもなったのです。

解説がないと物足りない
という思いもありますが、
将棋対局の中継放送があるというだけでも
ありがたいと感じるべきなのかなと
私は思います。

みなさんはどう考えるでしょうか。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.