パリのホステルの宿泊者の特徴と、交流が不足した理由~パリ旅行記22~

パリのホステルでは、
宿泊者が他の国のホステルとは
違っているなと感じる部分がありました。

また、ホステルに泊まる際には
私は他の宿泊者と交流して
仲良くなろうと心がけているのですが、
今回は交流が不足して
うまくいかなかったのです。

改めて振り返ってみると、
宿泊者の特徴と交流不足になった理由には
重なる部分があることに気付きました。

ホステルの宿泊者の特徴

私は過去ににいくつかの国で
ホステルを利用してきているので、
ホステルががどういうものかは
わかっているつもり
でした。

ですが、今回泊まったパリのホステル
「Le d’Artagnan(ル・ダルタニャン)」には
今までのところとは違うところもあって、
けっこう驚きました。

自分にとって意外だった特徴は、
3つあります。

特徴①英語が通じない人が多い

まず、宿泊者には英語を話さない人が
多くいることは意外に感じました。

私が他の国のホステルで出会った人は、
みなさん英語は多少なりともできる人達
ばかりだったので。

英語を話さない人達と
なんとかコミュニケーションをとってみると、
出身国に共通点があることがわかってきました。

その共通点とは、
「フランスの旧植民地」
であること。

具体的には、
ギニア、マダガスカル、モロッコなどの
アフリカの国々の出身の人達だったのです。

それらの国の中では、
今でもフランス語が広く使われています。

ですので、フランスを旅行するときにも、
言葉の壁を感じずに快適に過ごせます。

そうなると、英語をわざわざ覚える必要もないので、
英語を話さない人が多かったんですね。

こうした人達が多くフランスを訪れているのを見ると、
やはり旧植民地と旧宗主国には、
現代でも特別なつながりがあるんだな
改めて実感しました。

特徴②国内から来た人が多い

外国から来た人ばかりではなく、
フランスの地方からパリにやってきた人も
宿泊者の中に多かったです。

パリ市内でホテル泊まると高いので、
安いホステルを利用しているようです。

私が他の国で泊まったホステルでは、
同じ部屋になったのは
外国人旅行者ばかりでした。

ですので、国内の旅行者が泊まっているのは
新鮮に感じました。

特徴③小学生が集団で宿泊

このホステルには
小学生が集団で泊まっていたのも
面白かったですね。

日本で言えば修学旅行のような、
小学校の学校行事なのだと思います。

ほぼ毎日のように、
大型バスに乗って子どもたちが
わんさかやってきました。

食堂にいくと大勢の子どもがいて
騒々しいのですが、
楽しそうだなとほほえましく見ていました。

ホステルに小学生が宿泊するのを
見ること自体が初めてだったので、
私には大きな驚きでした。

宿泊者との交流が不足した理由

ホステルに泊まったら、
同室の人と色々な話をして
仲良くなるのが楽しみです。

仲良くなったら
一緒に食事をしたり
観光地に行ったりします。

ホステルに泊まる人は
気ままな一人旅の人が多いので、
そういう楽しみ方ができるんですね。

詳しいことはこちらの記事に書きました↓

ただ、今回のフランスのホステルでは、
そうした楽しみ方が
あまりできませんでした。

一人旅の人ばかりだったのは
予想通りだったのですが、
他の部分で誤算があったのです。

他の宿泊者との交流が不足してしまった理由
改めて考えてみると、
大きく3つの要因が思い浮かびました。

理由①英語が通じない

まず、英語があまり通じない人が多いことは、
交流を深めるには大きな障害になりました。

英語をあまり話さない人とは、
あいさつと自己紹介ぐらいはできるのですが、
それ以上のつっこんだ話は難しかったのです。

みなさんフレンドリーに接してくれたので
ありがたかったのですが、
言葉が通じないのはやはり大変です

理由②同室の人が意外と少なかった

同室となった人の数が少なかったことも、
交流が不足した要因としてあります。

今回、私が宿泊したのは9人部屋で、
旅行前に私が予想していたことは
こちらの記事に書きました↓

9人がフルに泊まれば、
自然とたくさんの交流が
生まれると思っていたのですが、
実際には9人が同じ部屋に泊まることは
一度もありませんでした

それどころか、定員の半分以下の
3人とか4人の日が多かった。

そもそも人がいなければ、
交流のしようもなかったわけです。

理由③活動時間が合わなかった

そして、これが最大の理由かと思います。

同室の人と私とでは、
活動する時間が合わなかったのです。

私の活動は「昼型」

つまり、観光施設が開館する時間に合わせて
朝は早めに出発し、
閉館した夕方にはホステルに帰って早めに寝る、
という行動パターンです。

それに対して、
他の同室の人達の活動は「夜型」

夜遅くに部屋に帰ってきて朝は遅くまで寝ている、
というパターンの人が多かったです。

新しく部屋に入る人も
夜遅くにチェックインする人が多くて、
「はじめまして」のあいさつのタイミングを逃すことが
何度もありました。

夜遅くにチェックインした人がいると
こんな感じになります。

私が朝に起きると部屋に新しい人が増えており、
ぐっすり寝ていてびっくり。

その人を起こさないように観光に出発。

夕方に部屋に戻ってくると
その人はまだ部屋に戻ってきていない

私が寝るまでの間にも戻ってこなくて、
あいさつする機会がない

1日か2日経つと、
その人はチェックアウトしていなくなってしまう

これでは、ろくに顔を合わせないので、
交流もできません

このように、今回宿泊した
パリのホステルには
私の過去の経験にはない特徴がありました。

英語が通じないという点は
交流が不足する直接の原因にもなっており、
自分にとっては不運でした。

ですがそんな中でも、
私が交流を深められた宿泊者も
少数ながらいたのです。

次回は、そのことについて書きます。


ホステルについての他の記事はこちら↓

パリ旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。