「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

「3月21日もひふみの日」ニコニコ生放送番組の3つの要点まとめ

 
「3月21日もひふみの日」の加藤一二三九段
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

「3月21日もひふみの日」の加藤一二三九段

「3月21日もひふみの日」は
ニコニコ生放送の番組。

出演者は
加藤一二三九段と
安食総子女流初段。

2時間ほどにわたって、
トークを交えて
番組や企画の宣伝をする
という内容でした。

その要点は以下の3つ。

①叡王戦関連番組の告知
②叡王戦七番勝負の告知
③クイズとプレゼント

これらの要点を、
番組を見逃した人のために
まとめました。

内容①叡王戦関連番組の告知

この番組は叡王戦の特番

この番組で
一番重要な内容は、
「叡王戦関連番組の告知」
です。

この番組の正式名称は以下の通り。

【叡王戦記念特番】3月21日もひふみの日

 

これを見てもわかるとおり、
この番組はあくまでも
「叡王戦の特番」
という位置づけです。

叡王戦を盛り上げるのが
使命なのです。

3月14日には
叡王戦の発表会が行われ、
叡王戦に関連した番組が
たくさん発表されました。

その場では
「こんな番組をやるよ」と
発表しただけだったので、
改めて今回の
「ひふみの日」の番組内で
情報や見どころを整理しよう
ということなのでしょう。

真面目な対局番組2つ

真面目な対局の番組としては、
以下の2つが告知されました。

【将棋】第5期叡王戦
女流代表決定戦
里見・西山・渡部・清水
3月23日 10時〜
https://live.nicovideo.jp/gate/lv318976348

 

【将棋】第5期叡王戦
アマチュア代表決定戦
桐山・鈴木・森村・小山
3月31日 10時〜
https://live.nicovideo.jp/gate/lv318993210

 

どちらも、
来期の叡王戦への
出場をかけた戦いです。

叡王戦には
女流棋士とアマチュアに
それぞれ1名の出場枠

があります。

それを4人のトーナメントで
決めようということです。

 

オープンな対局で
決定されるというのは、
主催者の判断だけで
決まるのよりも
公平な感じ
がしていいですね。

女流棋士の候補4人の人選は、
タイトルホルダー3人と
実績十分の清水さんなので
文句なし。

アマチュアの4人についても
いずれもアマチュア全国大会の
優勝者なので、
順当といった感じです。

 

加藤九段は、
西山朋佳女王が
奨励会三段だということを
初めて知った様子でした。

加藤九段は
多忙ということもあって、
最新の将棋界の事情には
詳しくないのかなという
感じがしました。

対局以外の企画4つ

今回は、
真面目な対局ではない
面白い企画が多かったです。

以下の4つです。

【叡王戦記念特番】
どこよりも早く
「第46回将棋大賞」を予想する会
3月24日 18時〜
https://live.nicovideo.jp/gate/lv318959199

 

【叡王戦記念特番】
第2回叡王戦クイズ王決定戦
3月25日 20時〜
https://live.nicovideo.jp/gate/lv319003689

 

【叡王戦記念特番】
東西対抗 詰将棋カラオケ
3月30日 18時〜
https://live.nicovideo.jp/gate/lv318974577

 

【叡王戦記念特番】
ひふみちゃんはみている
4月3日 18時〜
https://live.nicovideo.jp/gate/lv318991335

 

4つの番組中、
加藤九段は2つに出演します。

「詰将棋カラオケ」では、
加藤九段が
歌をひろうしてくれます。

加藤九段は
有名な音楽家から
「声はテノールで、音程がいい」
とほめられたそうで、
自信満々の様子。

「詰将棋カラオケ」は
初開催の前回も観たのですが、
素晴らしい企画だったので
とても楽しみです。

 

加藤九段が
「ひふみちゃんはみている」
の話をするときには、
あくまでも
「中の人」は誰なのかわからない
という立場で
話していたのが
面白かったです。

ひふみちゃんの正体は
秘密なわけです。

「ひふみちゃんがみている」
の番組には
香川愛生女流三段が
出演するということで、
いったいどんな番組に
なるのでしょうか。

 

ひふみちゃんについては
こちらの記事もどうぞ↓

内容②叡王戦七番勝負の告知

2つ目の要点は
「叡王戦七番勝負の告知」
です。

今回の番組では
叡王戦の番勝負の
情報は外せません。

第1局の番組はこちら↓

【将棋】第4期叡王戦
七番勝負 第1局
高見泰地叡王 vs 永瀬拓矢七段
4月6日 10:30〜
https://live.nicovideo.jp/gate/lv318976944

 

第1局の対局場は台湾

海外でのタイトル戦は珍しく、
叡王戦では
初めての試みです。

 

第1局の番組の解説は
藤井猛九段。

さらにゲスト解説として
藤井聡太七段が
出演するということで、
夢の「ダブル藤井」が実現。

番組中にはコメントが
盛り上がっていましたし、
私もすごく楽しみです。

 

また、
今期叡王戦からの目玉企画が
「見届け人」
という制度。

50万円を払えば、
「対局室への入室」など、
色々な権利が
得られるというものです。

各会場につき
1名のみ募集されます。

詳細はこちら↓

 

権利の内容を見ると、
50万円の価値は
十分にありそう。

さすがドワンゴは
叡王戦をお金が取れる
イベントにするために、
色々考えてくるなと
感心します。

この「見届け人」のような
前例のないアイデアは、
将棋連盟や新聞社では
実現できないでしょう。

内容③クイズとプレゼント

3つ目の要点は
「クイズとプレゼント」
です。

3月25日放送の
「クイズ王決定戦」
の番組に関連して、
「3月21日もひふみの日」
の番組内でも
クイズが行われました。

 

実は番組の開始時点から、
大きなプレゼントの袋
机の上に
3つ置かれていました。

それが何なのか
気になっていたのですが、
それがクイズに正解した
視聴者へのプレゼント
であることが明かされます。

 

「クイズ王決定戦」
の番組では、
問題をユーザーから
募集しました。

加藤九段に関する問題
たくさん集まったらしく、
その中から
本番には採用されなかった問題が、
この「ひふみの日」の番組内で
出題されたわけです。

まず1問目は
練習ということで、
以下の問題が出題。

2名すべてお答えください。
加藤一二三九段が、
第1期、第2期の
叡王戦九段予選で
対局した棋士は誰と誰?

 

ヒントとして
当時の対局の盤面が
映し出されて、
加藤九段が
当時の対局について
語ってくれました。

正解は
南芳一九段と
中村修九段
でした。

 

その後、
プレゼントの袋が開封され、
中身が紹介されました。

加藤九段が
ネコ好きであることに
ちなんで、
プレゼントは3つとも
ネコ関連のグッツ

加藤九段は
「どれもかわいい」
と大喜びでした。

 

さて、それからいよいよ
本番の問題が出題。

以下の問題でした。

【盤外企画】12月3日も一二三の日
『ひふみんからの年賀状』放送で、
新年号は何かと問われた加藤九段が
予想した元号は何だったでしょう?

 

難しい問題ですが、
知っている人が
画面上にコメントを
流していたので、
視聴者なら誰でも
回答がわかった
ことでしょう。

そんな状況なので
クイズになっていない
とも言えますが、
そんなところも
ニコニコらしいです。

 

この番組については
私も過去に記事を書いており、
そちらをチェックしたら
クイズの答え
バッチリ書いていました。

気になる方はどうぞ↓

まとめ

「3月21日もひふみの日」
の番組の3つの要点を
お伝えしました。

番組の告知が
主な内容でしたが、
その合間に
加藤九段が面白い話を
たくさんしてくれるので、
とても楽しい番組に
なっていました。

安食女流が
うまく加藤九段の話を
引き出していて、
それもよかったです。

 

叡王戦第1局までの間に、
たくさんの番組が
放送されます。

全部をチェックするのは
時間もかかって大変ですが、
どれも楽しみですね。

 

 

他の叡王戦の記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.