梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

グランビルアイランドのパブリックマーケットへ~北米旅行記18~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

グランビルアイランドの
パブリックマーケットに行ってきました。

たくさんのお店が旧倉庫に集まり、
色々なものを売っている様子は
日本にはない光景で面白かったです。

また、ミニフェリーでの移動は、
バンクーバーらしい良い経験になりました。

グランビルアイランドの特徴

グランビルアイランドは
バンクーバー中心部のダウンタウンの南西、
海をわたった先にあります。

「アイランド」と付いていますが
完全な島ではなく、
ダウンタウンの方向に突き出した小さな半島。

 

マーケットやアートショップなどが盛りだくさんの
人気観光スポット
で、
様々なジャンルの店舗が
旧倉庫の建物内に軒を連ねています。

バンクーバー在住の友人に
グランビルアイランドを観光することを
勧められたので、
行ってみることにしました。

グランビルアイランドへ徒歩で移動

グランビルアイランドに行ったのは
キャピラノ吊り橋から帰った直後です。

キャピラノ吊り橋に行った話は
前回の記事に書きました↓

 

キャピラノ吊橋からの
帰り道のシャトルバスでは
ダウンタウンまでは行けるものの、
さすがにグランビルアイランドまで
行く路線はありません。

本当は市バスに
乗り替えたいところなのですが、
小銭を持っていないので乗りにくい。

料金は2.75カナダドルであることは
調べてわかっているのですが、
車内ではお釣りが出ないらしいのです。

 

そこで、シャトルバスを降りた後は
歩いていくことに。

ダウンタウンからグランビルアイランドに伸びる
「グランビルブリッジ」を
てくてくと登っていきます↓

 

他に歩いている人はほとんどおらず
歩いている自分は変なことをしているようだと
思えてきました。

やはり、普通は歩いていくような場所では
ないようです。

それでも、がんばって歩いていくと
海峡のきれいな風景が見えました↓

 

橋の後半は下り坂。

ようやく橋の終わりが見えてきて、
グランビルアイランドに到着です↓

 

目的地の真上に来ても、
階段などで真下に降りることができず、
橋の終点まで渡りきってから
回り込まないといけないのが面倒に感じました。

結局、橋を渡り始めてから
グランビルアイランドの入り口に
到達するまでにかかった時間は20分ほど

思っていたよりも大変ではなくて、
十分に徒歩圏内でした。

こちらが入り口↓

 

「GRANLILLE ISLAND」と看板があって、
わかりやすいです。

この看板を見たとき、
「この場所に来たことがある!」と
強烈に思い出しました。

2011年にバンクーバーに来たときのことは
今ではかなり忘れてしまっているのですが、
この橋の下に入口がある光景の記憶は
強烈だったようです。

パブリックマーケットを見学

グランビルアイランドで一番有名な
観光スポットが
「パブリックマーケット」です。

色々な物を取り扱うお店が
50近くも集まっており、
たくさんの人でにぎわっています。

こちらがその入口↓

 

中に入ってみると、
以前は倉庫として使われた建物を
利用しているだけあって、
広々としつつも雑多な雰囲気↓

 

広い空間を埋め尽くすように
品物が並べてあり、
活気があっていい感じ。

野菜を果物を扱うお店が
多かったですね。

カラフルなフルーツが
山盛りで売られているのは
見た目も楽しいです↓

 

お肉もカタマリでどかんと
売られています↓

 

ソーセージ屋さん。

色々な種類があって、
見ていて面白かったです↓

 

こちらはオリーブの専門店。

好きな人にはたまらないお店でしょう↓

 

食材を扱うお店ばかりではなく、
普通の飲食店が集まっている
エリアもあります↓

 

中央に写っているのは
ピクルスのお店ですが、
周りは飲食店。

パブリックマーケットで買ったものは、
近くの共有スペースで
すぐに食べることができます。

その広場ではこんな大道芸が行われていました↓

 

周りでロープを引っ張っているのは、
見物していた一般の人。

一般人参加型のイベントで、盛り上がっていました。

パブリックマーケットのすぐ隣は海↓

 

対岸にはダウンタウンの街並みも見えて、
美しくてのどかな良い雰囲気でした。

グランビルアイランドからミニフェリー

パブリックマーケットの周辺も
色々と見て回った後、
そろそろダウンタウンへと帰る時間。

とはいえ、また橋を歩いて帰るのは
疲れているので避けたいところ。

相変わらずぴったりした金額の
お金を持っていないので、
バスにも乗りにくい。

行き先のダウンタウンは目の前に
見えているというのに、もどかしい…。

 

そこで思いついたのが、
ミニフェリーを使うこと。

海を眺めていると、
小さい船が行き交っているので、
グランビルアイランドから
どれかに乗れば、
対岸のダウンタウンまで
行けると考えたのです。

そこで周囲を探してみると、
予想通り船着き場を発見。

今にも出発しそうな船もありました↓

 

こちらは「False Clreek Ferries」
というミニフェリー。

運転手に対岸のダウンタウンまで行くか聞くと
行くと言いますし、
チケットなどを持っていなくても
出発してから現金で払えばいいと言います。

さっそく乗り込んで、
しばらく待っていると
だんだんと船内に人が乗り込んできます。

 

そして出発。

運転中の運転手に
運賃を払いました。

運転中にそんなことをして
大丈夫なのかなと心配しつつ…。

たしか3.5カナダドル(約300円)だったのですが、
バスと違ってお釣りももらえるので
安心です。

船に乗るという体験ができるわりに
安い料金だなと思いました。

 

ミニフェリーは「ポンポンポンポン」と
軽快な音を立てながら
のんびりと海の上を進んでいきます。

船の上から見えるきれいな風景↓

 

対岸にある「David Lam Park」の
船着き場に着くまで10分弱

思いがけず船旅ができたうえに
楽々と対岸まで移動できて、
大満足でした。

船は次の船着き場へと向かって去っていきました↓

 

 

友人に勧められて行ってみた
グランビルアイランドでしたが、
日本とは違った雰囲気の市場である
パブリックマーケットが見られて
面白かったです。

また、グランビルアイランドまで歩いたのも
ミニフェリーに乗ったのも、良い経験。

バンクーバーは海に囲まれた街なので、
船で移動するというのは
バンクーバーらしくていいですね。

 

 

アメリカ・カナダ旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

—————————

私の10年以上にわたる体験と学びを
一冊の電子書籍にまとめ、
今なら無料でプレゼントしています。

感想がどんどん届いており、
「読みやすくてためになる」
「この書籍に出会えてよかった!」
など、大好評です。

もし興味があれば
チェックしてみてください。

無料で電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで
無料ですぐに受け取れます。

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.