「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

パリの地下鉄駅からホステルまでの道で迷った記録~パリ旅行記19~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

パリの地下鉄駅に着いてからは歩き、
ようやくホステルに到着です。

しかし、距離は短いのに
ずいぶんと道に迷ってしまいました。

海外旅行で道に迷うのはよくあること。

自分がどんなふうに対処して
目的地までたどり着いたか、
ご紹介します。

空港からホステルへの移動

今回の旅で私が泊まるのは、
「Le d’Artagnan(ル・ダルタニャン)」
というホステル。

こちらの記事で紹介したように、
「ホステリングインターナショナル」という
サイトから予約しました↓

 

パリの中心地からは離れているのですが、
地下鉄、バス、トラム(路面電車)の
駅や停車場が近くにあり、
交通の便がいいのが魅力のホステルです。

このホステルにチェックインするため、
ホステルの最寄りの地下鉄駅
「Porte de Bagnolet(ポルト ド バニョレ)」
までやってきたところ。

空港からここまでの道のりは
こちらの記事に書きました↓

 

地下鉄の電車を降りて
ホームに降り立ったまではいいのですが、
ここで次なる問題が発生したのです。

地下鉄の出口で悩む

問題とは、
「地下鉄駅から地上への出口は
どれを選べばいいのか」

ということ。

日本の地下鉄もそうですが、
出口を間違えると
行きたい場所とは全然違う場所に
出てしまうのです。

 

この問題は、
スマホがインターネットにつながらない海外では
特に影響が深刻です。

私は海外に行くときには
wifiルータのレンタルなどはしておらず、
ネットなしで済ませています。

そのせいで、スマホで現在位置を
手軽に調べることができないため、
出口を間違えると困ることになります。

地下鉄の駅から地上に出た時に、
現在位置がまるでわからない状態に
なってしまうからです。

 

出口は慎重に、正確に選びたいところ。

幸い、駅のホームに地図があったので、
これを見て正しい出口を決めようと
試みました↓

 

しかし、全然わからない!

1番から5番の出口に
名前が付いていますが、
それが何を表しているのか
フランス語のため解読できません

地図を載せてくれているのは
ありがたいのですが、
この地図は広域を表示し過ぎです。

パリ全域の地図を出されても、
「地下鉄駅からの出口の選択」という
細かい問題にはまったく対応できません

 

こうなれば仕方がない。

右に行くか左に行くかの
大きく2択のところ、
「勘」に頼ります。

地上に出て周りの様子を見れば、
何かわかるでしょう。

ということでなんとなく「右」を選択し、
適当な出口から地上に出ることにしました。

地下鉄の出口を間違えた

「勘」に従った結果、どうなったか。

見事に間違いました。

地上に出てみると、
そこには想定していたのとは
違う風景が広がっていたのです。

 

事前に調べていた通りなら、
路面電車が通る
「Boulevard Davout」という
大通り
のそばに出る予定でした。

ホステルの位置は
その大通り沿いにあるというのが
頼りの情報なのです。

しかし、あたりを見回しても
路面電車などどこにも見当たらず。

そのことにより、
私は出口を間違えたことを確信しました。

 

本来なら来た道を戻りたいのですが、
一度地下鉄の改札の外に出てしまうと
駅のホームに戻ることはできません。

仕方がないので、
周辺をあちこちうろつき回って、
まずは目的の大通りを探します

 

しかし、疲れがたまってきました。

空港から重い荷物を背負って
移動してきているので辛い。

「午後6時までにチェックインすること」
という期限の6時もすでに過ぎているので、
焦りもあります。

 

と、そのとき、
はるか先の通りを路面電車が走っているのが
かすかに見えました。

希望を持ってその通りまで行ってみると、
それまでうろついていた道とは
まったく規模の違う大通り。

路面電車の線路もあります。

ようやく、正しい道を見つけたのです。

 

一安心しつつふと脇を見ると、
そこには地下鉄の出口が。

正しい出口を選んでいれば
すぐにここから出られたのに…と、
残念な気持ちになりました。

出口を間違えただけで、
時間も体力も大幅にムダにしてしまいました。

ホステルは大通りから外れていた

さて、いよいよあと少し歩けば
目的地のホステルに到着です。

ガイドブックの地図を見ると、
ホステルはこの大通り沿いにあるはず。

今回のホステルはパリ市街地から
離れた場所にあるため、
ガイドブックの詳細地図の範囲からは
外れています。

そのため、巻頭に付いている
広範囲のおおまかな地図だけが頼りです。

 

まずは現在位置を確認。

地下鉄の駅がある大きな交差点にいるので、
これは間違いありません。

あとは道を南に進んでいけば
歩いて5分ぐらいで
道路右側にホステルが見えるはずです。

 

スマホはネットにつながっていなくても
方位磁針としては使えるので、
これで方角を確認

周りの建物を注意深く見ながら
南へと進んでいきます。

 

ですが、行けども行けども
ホステルの建物が見当たりません。

10分ぐらい進んだところで、
さすがにおかしいと
もと来た道を戻りました。

そして、また最初にいた
大きな交差点の近くまで来ましたが、
やっぱり見つからず。

 

そこで考えました。

もしかしたら、
大通り沿いではなくて
少し脇道を入ったところに
あるのかもしれない

そうだとすると、
大通りをいくら注意深く見ても
見つからないかもしれません。

ガイドブックの地図をもう一度よく見ました。

その地図がこちらで、
ホステルを赤ペンで囲ってあります↓

 

手がかりになりそうな情報を探すと、
ホステルが面した通りに
「R. Vitruve」と
通りの名前らしきものが書いてあります。

そこで今度は通りの名前が
どこかに書いていないか探しながら歩く
と、
その名前が書いてある標識が見つかりました。

ようやく見つけた!

 

場所は合っているはずですが、
やはり大通り沿いには
ホステルはなさそう。

となるとやはり、
この通りを進んだ行った先に
あるのではないか。

恐る恐る進んでいくと…、
ついに発見しました!

 

こうしてようやく見つけたホステルの外観が、
冒頭の写真です。

「ホステリングインターナショナル」の
マークが掲げられているので、
間違いありません。

 

実際に見つけてみると
その場所は大通り沿いからはほど遠くて、
大通りから探しても
見つからないのも納得
です。

ホステルの前から
大通り方面を写した写真がこちら↓

 

遠くに見える信号機があるのが
「Boulevard Davout」の大通りで、
ホステルからの距離がけっこうあるのが
おわかりいただけると思います。

 

迷っていたときは
まるで大通り沿いにあるかのような
地図の表示が悪いと思っていました。

しかし、後になって冷静に考えてみると、
地図の縮尺が大きいので、
その距離を正確に表してるだけだと
納得が行きました。

広範囲を写した地図だと、
すぐ近くにあるように見えても
距離がある
ということですね。

勉強になりました。

ようやくホステルに到着

ホステル「Le d’Artagnan(ル・ダルタニャン)」
に着いたのは、結局午後7時過ぎ。

午後6時までには到着したいという
もくろみからは、
大きく遅れてしまいました

 

「到着が遅れたから、
あなたの予約はすでにキャンセルされました」
とか言われたらどうしようかと
少し心配しながら、
おそるおそるチェックイン。

実際にはそんなことはなく、
チェックインすることができました。

よかったよかった。

 

 

さて、空港からホステルまでの移動について
書いてみました。

こうやって書いてみると、
旅が始まったばかりの段階でも
小さいトラブルが色々起きてますね。

まあ、海外を一人で旅をすれば
トラブルはつきものですので、
それも含めて楽しむ
ものだと思っています。

 

次回は、ホステルの中の様子について
書くつもりです。

 

ホステルについての他の記事はこちら↓

 

 

パリ旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.