藤井聡太五段が羽生善治竜王に勝利して、棋戦初優勝

注目の将棋の対局。
羽生善治竜王 vs 藤井聡太五段 の
公式戦初対局が本日行われました。

結果は藤井五段が勝利!

しかも次の決勝戦にも勝って、
棋戦初優勝となりました。

すごい、すごすぎる!

中継サイトはこちら↓

■羽生竜王との対局

まずは羽生竜王との
公式戦初対局。

この対局について、昨日書いた記事がこちら↓

日本中の注目を浴びる中で、
10時半に対局が開始されました。

開始時のカメラマンもすごい数。

将棋の内容は藤井五段から優勢になり、
粘る羽生竜王を押し切っての
勝利となりました。

長年将棋界の第一人者である羽生竜王を
公式戦初対局で破ったことは、
世代交代という意味でも
象徴的な出来事
です。

■決勝戦、広瀬八段との対局

羽生竜王に勝って、次は決勝戦。

相手はA級棋士の広瀬八段です。

藤井五段は積極的に攻めかかり、
攻めをうまくつなげて勝利。

朝日杯将棋オープン戦で優勝を決めました。

相手の広瀬八段としては
藤井五段の応援が圧倒的に多くて
やりにくかったようで、
対局後には苦笑いをうかべる場面も多くありました。

■将棋界の新記録がたくさん

今回の優勝はすごいことで。
将棋界の記録を塗り替えました。

中学生で史上初の棋戦優勝。

そして、中学生で史上初の六段昇段。

今月初めに五段に昇段しばかりで、
またすぐに昇段となりました。

五段でいた期間はわずか16日。

29連勝で「藤井フィーバー」を巻き起こした
藤井さんですが、
また将棋界の歴史に名前を刻みました。

ちなみに表彰式を見ていたら面白いことが。

藤井五段に賞状が授与されたあと、
スポンサーの明治乳業から
ヨーグルトチケットという面白いものが
副賞として渡されました。

優勝の藤井五段に100枚、
準優勝の広瀬八段に50枚。

「R-1 ヨーグルト」の形をした
巨大な厚紙です。

舞台袖に控えていた広瀬八段が
その場面だけ壇上に呼ばれ、
そしてヨーグルトチケットを手渡されると
またすぐに司会の人から降壇を促されて
その場を去るというシュールな動き。

ただでさえ敗戦で
精神的にダメージを受けている
広瀬八段にとっては、
タジタジとなる出来事でした。

■フィギュアスケートも金メダル

ちょうど決勝と準決勝の対局の合間の時間に、
フィギュアスケートの羽生結弦選手の演技を
NHKで見ることができました。

「羽生さん」つながりで、
こちらも注目していたところ。

こちらの「羽生さん」は金メダルというとこで、
日本人としてはとても喜ばしい結果です。

一般のニュースなどで、
羽生選手の金メダルは
大きく取り上げられることでしょう。

それには負けるとしても
藤井新六段のことも取り上げられて、
また将棋が話題になって
盛り上がればいいな
と思っています。

この記事を書いた私、梅澤浩太郎は
「将棋マッチ」というサイトを運営しています。

「将棋マッチ」は将棋を教わる・教えるマッチングサイト。

インターネットを活用することで、
誰でも自宅で手軽に
将棋をマンツーマンで教わることができます。

よかったらサイトをのぞいてみてください↓

将棋マッチ


       
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告