海外航空券の探し方

海外への航空券の探し方は
どうするのがいいのでしょうか?

私は最近、航空券を自分でネットで探して買ったところなので、
そのときのやり方を紹介します。

■航空券の比較サイトで探す

私は今年のゴールデンウィークに
フランスのパリに行こうと思い立ちました。

そこで、まずは航空券を押さえようと
航空券を探すことに。

相場がどれぐらいかなどがまったくわからないので、
まずは色々な航空券を比べられるサイトに行くと便利です。

多くのサイトがありますが、
自分はトラベルコが使いやすくて好きです↓

トラベルコ

ここで、出発地、目的地と日程を入力して
検索をしてみます。

この時点では、日程はだいだいの日にちを
選択しておけばオーケーです。

すると、色々な航空会社を使った場合の検索結果が
たくさん出てきます。

■直行便か経由便かの比較

大事なポイントは、
直行便なのか経由便なのかということです。

今回のパリであれば、
日本から乗り換えなしで行ける
直行便という選択肢があります。

直行便は楽だし早いのですが、
難点は価格が経由便よりも高い場合が多いということ。

特に指定しなければ検索結果は安い順に表示されるので、
経由便が上の方に表示されるでしょう。

今回の場合、経由便だと時間が30時間!かかるものが最安でした。
直行便だと12時間なので、
30時間もかかってしまうのではいくら安いとしても
我慢できません。

といって、かかる時間がわりと短いものを見てみると、
値段もぐっと上がってきます。

そのあたりのバランスを見て、
自分に合うものを探してみましょう。

今回の私の場合、直行便は早いうえに価格も
それほど高くなさそうなので、直行便にすることに。

検索結果を見てみると、
直行便を価格が安い順に並べたときに
いつも上位に来る航空会社がありました。

それがエールフランス。

ここまで情報がわかったら
比較サイトはここまでにして、
航空会社のホームページを検索して、
そちらで予約を進めるのがオススメです。

■航空会社の公式ホームページへ

なぜ比較サイトではなく航空会社で探すのがオススメかというと、
便ごとの細かい料金の比較がやりやすいからです。

今回の私のように、出発日や現地出発日を
数日ずらすことが可能な場合は特にです。

出発日を1日ずらすだけ、
出発時間を数時間ずらすだけで
価格が数万円違ってくる場合が多いです。

ですので、どうしても出発日などをずらせない場合を除いて、
便ごとの料金を比較することが大切です。

今回であれば、エールフランスが良さそうなことが
比較サイトでわかったので、
グーグルで検索して公式ホームページに行ってみます↓

エールフランス

■日程と便を比較しながら決める

公式ページでだいたいの日にちで検索してみると、
前後3日ぐらいの最安値を一度に見ることができます。

さらに便ごとの出発時間と料金を細かく
比較して見ることができます。

これができるのが、
比較サイトと航空会社のホームページとの違いです。

今回の場合ですと、
出発日がGW連休の初日が一番高くなります。
そこから1日早くしたり遅くしたりするだけで、
2万円ぐらい安くやります。
連休初日から2日ずらせば、
4万円ほど安くなっていました。

私の場合は、連休前に2日会社を休むぐらいはできそうなので、
2日ずらしてなるべく安い航空券を取ることにしました。

こういうことをするともし会社を休めなかったらどうしようというのが
心配なのですが、
そこは腹を決めて決断していくのみです。

帰りも料金のピークから2日早めにずらして確保。
早めにずらすと現地滞在時間が短くなってしまうのですが、
そのあたりは料金とのバランスで決めます。

あとは飛行機の出発時刻と到着時刻も
きちんと考慮に入れましょう。

出発時刻が朝早いと、
空港までの電車がないという場合もあります。

現地に着くのが夜遅いと、同様に宿までの移動に苦労するかもしれません。

そのあたりも含めて、
行きは自宅から海外でのホテルまでの移動、
帰りはホテルから自宅までの移動をイメージしつつ、
どの便にするかを選んでいきます。

空港までの移動、空港からの移動が楽な便は
価格が高くなる傾向があるので、ここもバランスが大事です。

色々考慮に入れるべきポイントはあるのですが、
上の手順を順番に進めていけば
航空券を絞り込んでいけるはず。

自分の納得のいく海外航空券をゲットしましょう。

この記事を書いた私、梅澤浩太郎は
「将棋マッチ」というサイトを運営しています。

「将棋マッチ」は将棋を教わる・教えるマッチングサイト。

インターネットを活用することで、
誰でも自宅で手軽に
将棋をマンツーマンで教わることができます。

よかったらサイトをのぞいてみてください↓



       
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告