「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

「エッセンシャル思考」の書評・感想~より少なく、しかしより良く~

 
「エッセンシャル思考」の書評・感想
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

「エッセンシャル思考」の書評・感想

「エッセンシャル思考」
という本を読みました。

この本の最も重要なメッセージは
「本当に重要なことにイエスと言うために、
その他すべてにノーと言おう」
ということ。

限られている自分の時間やエネルギーを
効果的に使っていくうえで参考になる、
素晴らしい内容でした。

「より少なく、しかしより良く」を目指す

「エッセンシャル思考」はこちらです↓

 

本書のタイトルにもある
エッセンシャル思考とは、
「より少なく、しかしより良く」
という考え方。

その考えを実現するための手段が
「本当に重要なことにイエスと言うために、
その他すべてにノーと言おう」

ということなのです。

今は身の回りに
たくさんの情報があふれていますし、
その中にはたくさんのチャンスがあります。

たとえば、
「これをやれば何かの役に立ちそう」
「これをやればあの人と仲良くなれそう」
「これをやれば悩みが解決するかも」
などなど。

でも、
人が自由に使える時間というのは
限られているので、
目についたチャンスすべてに手を出すと
あとで後悔することになります。

私にも経験があります。

色々なことに手を出した結果、
どれも中途半端になってしまって、
やたらと忙しくなったわりに
成果はほとんどなかったり

本書では、
そいうことにならないようにするには
どうすればいいかを
わかりやすく教えてくれます。

 

エッセンシャル思考に対し、
私たちがやってしまいがちな
「すべて大事だから全部やろう」
という考え方を
非エッセンシャル思考と分類。

各章ごとに
エッセンシャル思考の人はこう考える
非エッセンシャル思考の人はこう考える
と両方を並べて対比してくれるので、
とてもわかりやすいです。

自分は今まで
非エッセンシャル思考で考えていたな、
と反省しつつ、
「こう考えればいいのか!」
というのが理解できます。

 

本書では
考え方や心の持ち方に
力をおいて解説していますが、
実践的なテクニックも
教えてくれています。

例えば「上手な断り方」

エッセンシャル思考では
本当に大事なひとつのことに
集中するために、
それと関係のない人からの頼みは
徹底的に断らないといけません。

でも、私自身も
人から頼まれたときに
断れなかったという経験は
たくさんあります。

断ってしまうと、
その人との関係が悪くなる気が
してしまうのです。

それが本書では、
「上手な断り方」として
具体的なやり方を8つも例を出して解説。

さっそく実践できるので、
エッセンシャル思考の生き方を
すぐに取り入れられるようになっています。

理想ばかりを語るだけでなく、
そのための手段も与えてくれる
ところが素晴らしいです。

習慣が大事

本書の中でも特に
「習慣が大事」という部分に
深く同意しました。

本当に大事なことというのは、
例えば苦しくなりがちな勉強など
やりたくないものが多いもの。

「やらなければ」と思っても
なかなかできなくて、
そんな中で楽しいものの誘惑があれば、
そちらに流れてしまいがちです。

本書ではそんなときでも
習慣にすればクリアできる
と説明しています。

最初に習慣する段階で
少しだけ苦労はありますが、
大事な行動をいったん習慣にしてしまえば、
あとはいちいち判断をする必要もなく
無意識のうちに目標を達成できます。

「人はラクをしようとする性質があるものだから、
何の苦労もなくスムーズに
正しい行動ができるしくみが大事」

という考え方は、
その通りだと思いました。

情報が多すぎたことを反省

私はいま
新しいビジネスを始めようとしていて、
そのために勉強中です。

なので、
エッセンシャル思考で考えると、
私がいま取り組むべきは
ビジネスのための勉強であり、
他のものは捨てなければいけません

 

とはいえ、
勉強といっても情報源はいろいろあります。

インターネット上には
情報があふれるほどあり、
ツイッターを見ていても
有益な情報が流れてくることがあります。

今まではそういったものを見て
満足していた部分があったのですが、
エッセンシャル思考を知って、
それではいけないと考え直しました。

流れてくる情報を受け身で消化する
というのは、
エッセンシャル思考とは
反対の行動です。

これを改善することにしました。

私は本を読むことに時間を集中

そこで私は、
本に情報源を絞る
ことにしました。

インターネットで調べた情報を
見る時間を減らし、
ツイッターで流れてくる情報も減らして
ネットに費やす時間を大幅に削りました。

将棋のネット中継を見るのが好きなので、
今までは長時間見てしまうことも
多かったのですが、
時間を区切ってポイントだけ見るように変更。

そうして浮いた時間を、
本を読んで勉強することに
集中させるようにしたのです。

 

すると、本の良さを再認識できました。

ネットでの断片的な情報とは違い、
体系的にまとめられた情報を
一気に勉強できます

さらに、
本を読んで学んだことを
こうしてブログ記事にしてアウトプットすることで、
知識を自分の中に落とし込むことができます。

本書を読んだことで、
自分自身の勉強の効率を高めることが
できたのです。

この本は、
生活をより有意義にするための
良いきっかけになりました。

まとめ

「エッセンシャル思考」という本では、
「より少なく、しかしより良く」
という考え方が重要だと指摘しています。

やるべきことを見分けるための
明確な基準が示されているため、
読んだあとに実際の行動につなげやすいのが
この本の良いところ。

私自身も、
ネットに費やし過ぎていた時間を見直し、
本を読むという重要なことに集中するという
行動を起こすことができました。

 

よかったら読んでみてください↓

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.