「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

高見泰地叡王vs永瀬拓矢七段、叡王戦第3局の情報まとめ

 
高見泰地叡王vs永瀬拓矢七段、叡王戦第3局
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

高見泰地叡王vs永瀬拓矢七段、叡王戦第3局

永瀬拓矢七段の2連勝で迎えた
叡王戦第3局。

「矢倉」の戦型となった本局は
永瀬七段が快勝し、
これで3連勝。

早くもカド番に追い込まれた
高見泰地叡王は対局後、
とても辛そうな様子でした。

一局の流れなどの情報のまとめです。

食事など対局の情報まとめ

叡王戦七番勝負第3局
2019年5月4日
高見泰地叡王vs永瀬拓矢七段(先手)
長崎県長崎市「史跡料亭 花月」
持ち時間:各3時間(チェスクロック使用)
開始 14:00
終了 19:33
131手まで永瀬七段の勝ち
消費時間
高見:2時間55分
永瀬:2時間07分

 

<昼食>
高見:鯨カツと五島うどん御膳
___アイスウーロン茶
___オリジナルブレンド
永瀬:花月御膳、長崎牛ヒレ御膳
___アイスウーロン茶
___オリジナルブレンド
___チョコチーノ
___バナナ3本

 

<おやつ>
高見:プレミアムロールケーキ
___とろけるティラミス
___バスチー-バスク風チーズケーキ
___オレンジジュース、ラテマキアート
永瀬:ビターチョコエクレア
___とろけるティラミス
___もっちりとした白いたい焼き
___オリジナルブレンド、チョコチーノ

 

<夕食>
高見:長崎牛ローストビーフ丼
___アイスウーロン茶
___ジンジャーエール
永瀬:海鮮丼と五島うどん
___アイスウーロン茶
___モカブレンド

 

<ニコニコ生放送>
解説者:
行方尚史八段
聞き手:
塚田恵梨花女流初段

 

おやつは第2局と同様、
叡王戦の協賛企業であるローソンの
「ウチカフェスイーツ」から提供。

両対局者がそれぞれ
8種類の中から
3つずつ選びました。

そして、
おやつにちなんで
ニコニコ生放送の視聴者に
クイズが出題。

両対局者が選んだおやつのうち
1種類だけ共通のものがあり、
それはどれかという問題。

コメントで回答して、
正解者から1名に
ウチカフェスイーツ1ヶ月相当の
クオカードがプレゼントされます。

正解は「とろけるティラミス」で、
これは前局と同じでした。

というのも、
高見叡王は
3つのうち2つが第2局と同じ、
永瀬七段にいたっては
3種類すべてが同じだったのです。

そんな状況では
クイズの答えも変わりません。

 

永瀬七段は
昼食に御膳を2つ食べるなど、
本局でも大食いぶりを発揮

またも対局前から
バナナを脇に置いておいたりもして、
永瀬七段の食事へのこだわりが
感じられました。

不調から抜け出せていない高見叡王

本局まで七番勝負は
高見叡王から見て0勝2敗

苦しい状況となっています。

高見叡王と永瀬七段は
年齢が1つしか違わず、
ともに横浜市の出身。

つい最近まで
研究会を行うなど、
親しい間柄です。

 

そんな両者ですが、
対戦成績には
大きな差がついています。

叡王戦の開幕前には
永瀬七段とは公式戦で3局対局があり、
その3局とも負けているのです。

つまり、
この叡王戦の成績を合わせると
ここまで5局指して
高見叡王の全敗

高見叡王にとっては
辛いデータです。

この叡王戦では、
第1局で逆転負けをしてしまったのが
痛かったところ。

その約一週間後に行われた第2局では、
その流れを引きずるようにして
負けてしまいました。

 

第1局と第2局について詳しくはこちら↓

 

対局前のインタビューで高見叡王は、
タイトルホルダーとして
気持ちが守りに入ってしまっている部分があると
自己分析をしていました。

対局前には
どの棋士も無難なことしか言わないものなので、
これだけ素直な心境を話していることは
むしろ新鮮です。

 

高見叡王としては、
この第3局で流れを変えたいところ。

幸いにして第3局は、
叡王戦ならではの
「持ち時間が変動する」
仕組みが適用されるタイミング。

第1局と第2局では
持ち時間が5時間でしたが、
本局と第4局では
3時間となるのです。

それにともない、
対局開始時刻も午前10時から
午後2に変更。

このような変化に合わせれば、
今までの悪い流れを
断ち切りやすそうではあります。

また、前局からは
3週間と長い間が空いたことも
切り替えには好都合です。

 

ただ、このゴールデンウィーク中は
高見叡王はイベント出演に忙しく、
あまり休めていない様子。

連休前の藤井聡太七段との対局にも
敗れており、
調子が戻っていないようにも見えます。

そんな心配な要素も抱えつつ、
長崎での第3局が始まりました。

 

高見叡王と藤井七段の対局については
こちらの記事をどうぞ↓

一局の流れ:矢倉で永瀬七段の快勝

本局の先手番である
永瀬七段が選んだ戦型は
「矢倉」でした。

第1局は「角換わり」、
第2局は「横歩取り」だったので、
3局続けて違う戦型と
なりました。

「矢倉」は高見叡王の
得意戦法でもあるので、
高見叡王としては
望むところでしょう。

 

先手は「▲6七金左」、
後手は「△4三金左」と
お互いに流行の形に組みます。

この形は玉の固さよりも
バランスの良さを重視した陣形で、
一昔前なら考えられない発想なのですが、
今では優秀な形として
認められています。

永瀬七段と同じ指し手を
高見叡王が指していって、
先後同型の局面
続いていきます。

その先後同型の形から、
永瀬七段が仕掛けていきました。

仕掛けて本格的な戦いが始まるまで、
わずか20分ちょっと。

あっと言う間に
50手も進みました。

お互いに研究手順とはいえ、
意地の張り合いのような早指しです。

持ち時間が3時間と
短くなったことを
意識してもいるのでしょう。

しかし、前局と比べて
短くなったとはいえ、
3時間はあるのです。

そうとは思えないペースで、
まるでNHK杯などの
テレビ棋戦のような
展開の早さでした。

 

永瀬七段は最初の仕掛けで
少し有利となったようです。

攻めが一段落したところで
高見叡王も反撃しますが、
永瀬七段が優位を保ったまま

お互いに玉の守り駒が崩された状態で
押し引きが続きます。

長い中盤戦となる中、
永瀬七段が一気の攻めに出て、
決着を付けにいきました。

 

高見叡王も
永瀬七段の玉に迫りますが、
一手負けが明白な展開に持ち込まれ、
そこから変化できません

結局、最後まで
差を詰めることができないまま、
高見叡王の投了となりました。

対局後の高見叡王の痛々しい姿

終局直後、
言葉が出ないまま辛そうにしている
高見叡王の姿が印象的でした。

そんな状況ながら
終局後すぐに大盤解説会の
会場に移動し、
集まったファンへのあいさつと
大盤を使っての感想戦。

高見叡王はいつもの明るさや
ハキハキしたトークはまったくなく、
その落ち込んだ様子は
痛々しいほど
でした。

 

その後、
対局場に戻って行われた感想戦は
20分ほどと短め。

20:13ごろという早い時間に
ニコニコ生放送の番組も終了。

一方的だった対局の内容と合わせて、
全体としてあっさりと終わったという
印象を持ちました。

 

本局では、
高見叡王の側に
はっきりとした悪手があった
というわけでは
ありませんでした。

普通に指していたら
いつの間にか悪くなり、
そのまま負けたという感じ。

永瀬七段の強さを
たたえるべきなのかもしれませんが、
高見叡王としては
力の差を見せつけられたようで
辛い敗戦
です。

 

これで高見叡王は七番勝負で
次を負ければ終わりという
状況に追い込まれました。

前期叡王戦では
金井恒太六段を相手に
4連勝をした高見叡王ですが、
今期はまったく逆の立場。

そのときは4局で終わってしまったため、
持ち時間が変動する叡王戦の対局のうち、
「1時間」の対局を
ファンは見ることができませんでした

今期こそは「1時間」の対局が
見られるかと思っていたら、
またしても4局で終わってしまいそう。

そういった意味でも、
第4局では高見叡王が勝って
第5局の「1時間」の対局に
持ち込んでもらいたいところ。

 

次の対局までの間隔は
1週間しかなく
て、
高見叡王にとっては
立て直す時間がなくて
厳しい状況ではあります。

とはいえ、やるしかありません。

この追い込まれた状況で底力を発揮し、
永瀬七段に公式戦初勝利をする。

高見叡王にはそれが必要です。

まとめ

叡王戦第3局は永瀬七段の勝利。

高見叡王はいまだに不調で、
悪い流れを引きずっているように
見えました。

対局直後の落ち込んだ姿は
痛々しいほどでした。

一週間後の5月11日の第4局。

そんな高見叡王が
勝って笑顔を見せてくれることを
願っています。

 

 

叡王戦七番勝負の記事はこちら↓

 

叡王戦の記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.