「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

叡王戦の女流棋士とアマチュアの出場枠の仕組み

 
叡王戦の女流棋士とアマチュアの出場枠の仕組み
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

叡王戦の女流棋士とアマチュアの出場枠の仕組み

叡王戦には
女流棋士とアマチュアの
出場枠があります。

ただ、出場枠は
最初からあったわけではなく、
代表者の決定方法も
変更されてきています。

現在は女流棋士と
アマチュアの代表者を
どのように決めて
いるのでしょうか。

また、出場枠の扱いには
どんな変化が
あったのでしょうか。

叡王戦の仕組みの
わかりやすい解説です。

第5期叡王戦での出場枠

2019年度に
予選が行われるのが、
第5期叡王戦。

女流棋士とアマチュアに
それぞれ1名の出場枠

用意されています。

そして、
第5期からの
新たな取り組みとして、
トーナメントの勝者
叡王戦への出場権を
得ることになりました。

まずは主催者が
4人を推薦し、
その4人で
出場権を争うのです。

 

第5期では、
女流棋士の推薦者は
以下の4名。

里見香奈女流四冠
西山朋佳女王
渡辺愛女流王位
清水市代女流六段

 

現在女流棋界に
3人いるタイトルホルダーと、
ずば抜けた実績を持つ
清水さんが推薦されました。

いずれも実力者で、
この4人が選ばれたことには
とても納得感があります。

 

アマチュアの推薦者は
以下の4名。

桐山隆アマ竜王
鈴木肇アマ名人
森村賢平アマ王将
小山怜央赤旗名人

 

アマチュアタイトルの
獲得者から4人が
選ばれていて、
こちらも納得のいく
人選です。

 

4人のトーナメントを勝ち抜いた
女流棋士とアマチュアは、
プロ棋士達に混じって
叡王戦の予選を
戦うことになります。

叡王戦の予選は
「段位別」
行われるのが特徴。

女流棋士とアマチュアの
代表者は、
段位別予選で
一番下のクラスである
「四段戦」に出場する
という仕組みなのです。

第1期と第2期の叡王戦

第1期と第2期の叡王戦では、
女流棋士とアマチュアの参加枠は
ありませんでした

叡王戦はもともと、
「電王戦」の流れをくんで
できた棋戦です。

 

プロ棋士と将棋ソフトが
5対5で戦う団体戦である
「電王戦」が終了したのが
2015年。

その後に創設された
叡王戦は、
第1期と第2期は
タイトル戦ではなくて
一般棋戦
という扱い。

そして、
叡王戦の優勝者は
「人類代表」として
将棋ソフトの代表と
対戦したのでした。

そのため叡王戦には、
将棋ソフトとの対戦者を決める
という役割があったのです。

 

このころの叡王戦は
「エントリー制」
となっており、
出場したい棋士だけが
参加するというものでした。

実際にはほとんどの
棋士が参加しましたが、
タイトルホルダーなど
一部の棋士は
エントリーしませんでした。

スポンサーを背負っている
タイトルホルダー
が、
将棋ソフトに敗れるのは
望ましくないという意見も
当時はあったのです。

 

「電王戦」において
将棋ソフトと対局する
5人の棋士は、
毎年その選考基準も
よくわからないままに

いつの間にか
選抜されていました。

対局の機会が
与えられなかった棋士からは、
そんな決め方に
不満も出たようです。

叡王戦では
その点を改めました。

この棋戦で優勝すれば、
代表の将棋ソフトと
公式の場で対局できる。

希望する棋士全員に
チャンスを与えて、
オープンな形で
代表者を決める

場を整えたのです。

 

こうした事情が、
女流棋士やアマチュアの
出場枠がないことに
つながっています。

希望する棋士すべてに
将棋ソフトとの対局の
チャンスを与える
という考え方なので、
「棋士」だけ
叡王戦を行うことが
自然だったわけです。

 

ちなみに、
その当時から
叡王戦の予選は
「段位別」
行われていました。

「段位別」の予選は、
現在まで続く
叡王戦ならではの
仕組みです。

第3期と第4期の叡王戦

第3期からは
女流棋士とアマチュアの
参加枠が
それぞれ1名できました。

この参加枠は
「主催者推薦枠」とされ、
主催者が自由に
決められます。

ここでも
基準があいまいなまま、
当事者が知らないところで
決められていたのです。

 

それが第5期からは
トーナメント戦で
決められることに
なりました。

代表者の決め方が
トーナメントという
目に見える形に変わったのは、
将棋ソフトと対戦する棋士の
決め方と同じです。

叡王戦の仕組みは
どんどんオープンになっていて、
とても良いことだと思います。

第5期の女流棋士代表決定戦

第5期の女流棋士の
代表決定戦は
2019年3月23日に
行われました。

段位別予選と同じ
持ち時間1時間で、
1日に3局指されます。

 

まずは10時から
里見女流四冠vs渡辺女流王位。

これは里見さんが勝ちました

14時からは
西山女王vs清水女流六段。

これは西山女王が勝ちました

 

そして、19時からは
勝者どうしの対決で
里見女流四冠vs西山女王。

これは里見さんが勝ち
叡王戦の四段予選への
出場を決めました。

この決定戦では
里見さんが2戦とも快勝し、
圧倒的な強さ。

四段予選での活躍を
期待させる内容でした。

 

また、3月31日には
アマチュアの代表決定戦も
行われるので、
そちらも注目です。

まとめ

叡王戦の女流棋士の
アマチュアの出場枠
について書きました。

勝った人が出場できるという
オープンで明確な形
出場者が決められる
ようになったのは、
良いことです。

その代表者決定戦を
生中継で観戦できることも、
将棋ファンにとっては
うれしいところ。

まだ第4期叡王戦の
七番勝負は
開幕していませんが、
第5期叡王戦の戦いは
すでに始まっています。

 

 

叡王戦の仕組みについては、
こちらの記事も
合わせてどうぞ↓

 

 

叡王戦の記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.