「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

正解がわからない中で決断を繰り返し、新しい世界へ-将棋と人生-

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

正解がわからない中で決断を繰り返し、
新しい世界へと進んでいく。

この点で、将棋と人生は
似ているなと思います。

決めるということは
可能性を捨てるということでもあり、
怖さを感じるときもあります。

ですが、あまり気負いすぎず
気楽に決断していくことが、
将棋でも人生でも大切だと
私は感じています。

将棋の本質は決断すること

将棋が趣味だと人に言うと、
「じゃあ考えるのが得意なんですね」
と言われることがあります。

「将棋 = じっと考える」

というイメージがあるようです。

 

それはそれで間違いではないのですが、
私はもっと強調したいことがあります。

それは、

「将棋 = 決断する」

ということ。

そして、さらに言うとこういうことです。

「将棋 = 決断する = 捨てる」

 

考えているだけでは、将棋は進みません。

色々な選択肢がある中で
どれかひとつに決める「決断」を
積み重ねていくのが将棋です。

正解なんてわからない

将棋においては、一生懸命に考えても
答えがわからないことがほとんどです。

 

例えばある局面で、
次に指す手として3つの候補を思いついて、
それのどれがいいかで悩んでいるとします。

3つの手のそれぞれ10手ぐらい先を読んだりしますが、
「自分がこうやったら、あいてがこうやって…」
と考えた道筋が
本当に正しいのかはわかりません。

すると、10手後の局面の正しさも
わからないまま。

そんな状態では、
3つの候補から正しいものなんて選べません。

しかも、自分が思いついていない
第4、第5の手があって、
本当はそれが正解かもしれない。

 

そんな状況なので、
正解なんてまるでわからないのです。

「悪手の山の中を歩いている」

将棋界の大スターである
羽生善治竜王は、
数多くの深い言葉を残しています。

その中に、こんな言葉があります。

「悪手の山の中を歩いている」

 

将棋においては、
ほとんどの手は指さない方がいいぐらいの手、
何もしないでパスした方が
いいぐらいだと言うのです。

そんな悪い手が山のようにある中から、
価値のある手を拾い上げながら
前に進んで行かないといけない。

そういう意味です。

 

正解が全然わからなくて、
しかも何もしない方がマシな
悪い手ばかりの中で、
決断していかないといけない

将棋は厳しい世界ですね。

決めるとは捨てること

決めるということは、
他の選択肢を捨てることでもあります。

もっといい未来があったかもしれないのに、
その可能性を捨てる。

もったいない感じがしますし、
もっと言うと怖くもあります。

 

捨てることは怖いのですが、
前に進むためには
やらないといけません。

もし将棋で決断することができなくなれば、
いっこうに局面が進まなくなって
対局が成り立ちません。

人生の決断は自分でしないといけない

一方で、決断をしたくないとという人でも、
将棋を楽しむ方法もあります。

他人の将棋を観戦すればいいんです。

それなら自分が決めなくても
局面は進んでいきますし、
気楽に楽しむことができます。

 

これまで将棋における「決断」について
語ってきましたが、
実は人生における「決断」も似ています

正解がわからない中で
他の選択肢を捨てて決めないといけない。

そういう場面が、
人生の中で数多くやってきます。

 

将棋なら、自分が指さなくても
観戦者として楽しむという手段もあるのですが、
人生がそれではいけません。

自分の人生の中では、
自分は観戦者ではなく主役
なのですから。

決断すれば新しい世界が広がる

「決めるとは捨てること」ということで、
決めれば色々な可能性がなくなりますが、
それだけではありません。

決めて前に進んだことによって、
まったく新しい可能性が
やってくる
ものです。

 

将棋で言えば、
決断して一手指したからこそ、
目の前に新しい局面が現れて、
また色々な手を指すことが可能になります。

何も決めずに悩んでいたのでは
状況は何も変わらず、
そのまま悩み続けるしかなくなります。

 

怖くても一歩踏み出すことが大切なんです。

そうすれば、
それがたとえ良くない選択であったとしても、
何かが変わります。

失敗しないことも大事ですが、
決めて進むことはもっと大事です。

決断は繰り返すもの

将棋でも人生でも、
決断は1回すれば終わり
というものではありません。

将棋でさんざん悩んだ末にやっと決めても、
相手が一手指して自分の番になったら
また決断しないといけません。

一局の将棋が終わる最後の最後まで、
決断の連続です。

 

人生もそうですよね。

数年に一度しかないような
大きな決断もあれば、
「今日のお昼は何を食べよう」という
小さな決断もたくさん。

決める機会はたくさんあります。

 

だからこそ思うのは、
1回1回の決断をあまり重く考えないこと

1回決めても、
どうせまたすぐに決断を迫られるのです。

あまり深く考えすぎると、
何も決められなくなります。

将棋で言えば、一手も指せなくなります。

 

ある程度の気楽さを持つことが、
決断には必要
だと思います。

人生に悪手なんてない

将棋の決断と人生の決断は
色々なところで似ていますが、
違うところもありそうです。

「悪手の山の中を歩いている」を
人生における決断に置き換えると
どうなるでしょうか。

 

将棋には、勝負の勝ち負けという
明確な基準があります。

ですから、勝ちにつながる手が「好手」であり、
負けにつながる手が「悪手」と判定できます。

これが人生の場合ならどうか。

人生においては、
将棋における勝ち負けのような
明確な基準はありません。

例えば、お金をたくさん稼ぐのが
良い人生とも限りません。

 

決断した結果として何かに失敗して
他の人から見れば「悪手」に見えても、
自分がその失敗から何か貴重なことが学べれば
それは「好手」とも言えるのではないでしょうか。

将棋においては「悪手」が山ほどありますが、
人生における本当の「悪手」というのは
実は多くない
のかもしれません。

そう考えると、
人生における決断は
もっと気楽なものに思えてきます。

 

 

大事なのは、
ちきんと決断して自分の人生を生きること。

決断は責任を伴う大変なことではあるのですが、
同時に新しい世界への扉を開く
楽しいことでもあるはず。

決断とうまく向き合っていきたいですね。

 

 

ちなみに羽生さんはこんな本も書いています。

とても人生に役立つ本で、オススメです。

 

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.