「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋の上達のための最初の得意戦法オススメ2つ~棒銀と四間飛車~

 
棒銀と四間飛車
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

棒銀と四間飛車

将棋を上達するためには、
自分の得意戦法を持つべきです。

同じ戦法をたくさん指すことで、
効率良く将棋が上達できます。

将棋を始めてから
最初の得意戦法としてオススメなのが
棒銀と四間飛車の2つ。

なぜこの2つの戦法が良いのか、
それには理由があります。

上達のために得意戦法を持とう

将棋のルールを覚えた後、
早く将棋が強くなりたければ
たくさん対局することは欠かせません。

そうは言っても、
なんとなく対局を重ねるだけでは
一局ごとに勝った負けたと
楽しむだけになり、
なかなか上達しないもの。

効率良く上達するには
コツがあるのです。

それは
「得意戦法を持つ」
ということ。

 

なぜ得意戦法を持つと良いのでしょうか。

まず、
得意戦法を対局のたびに指すことで、
うまくいく形やうまくいかない形
わかってくるという効果があります。

いつも同じ戦法を指すと、
似た局面が何度も
出てくることになります。

そういうときに、
過去の対局でうまくいった
経験があれば、
その指し方を何度も繰り返すことで
「うまくいく形」が
自然に身につくのです。

反対に過去の対局で
失敗したのであれば、
それを今度は繰り返さないようにと
工夫することで、
それも上達につながります。

 

もし得意戦法がなく
対局のたびにバラバラな
将棋の指し方をしていると、
こうした経験が
効率良くたまっていかない
のです。

もちろん、
その対局を楽しむ目的であれば
毎回自由な戦法を指してかまいません。

でも、早く強くなりたいのであれば、
ひとつの戦法を繰り返し指すことが
効果的なのです。

 

また、
得意戦法を繰り返し指すことで得た
経験や知識は、
他の戦法でも応用できます。

将棋の基本的な考え方は
どの戦法でも共通する部分が多いので、
ひとつの得意戦法を極めることは
他の戦法を学ぶ土台を作る
ことにもなります。

だから、
将来的に色々な戦法を
身につけるためにも、
最初は戦法をひとつに絞って、
それを繰り返し指す方がいいのです。

 

では、得意戦法を持つのがいいことは
わかったとして、
どんな戦法を得意戦法とするのが
良いのでしょうか。

将棋には色々な戦法がありますが、
将棋を覚えたばかりの初心者でも
指しやすい戦法
もあれば、
そうではない戦法もあります。

そんな中で、
私が最初の得意戦法として
オススメしたいのが
「棒銀」と「四間飛車」

この2つの戦法の
どちらかを得意戦法にするのが
オススメです。

それには理由があります。

棒銀と四間飛車がオススメな理由

棒銀と四間飛車を
オススメする理由。

まず、どちらも駒組みが簡単で、
将棋を始めたばかりの人でも
駒の配置を覚えやすいということ。

それに加えて、
相手の指し方に関わらず
ほぼいつでも指すことができる
というのもポイントです。

将棋の戦法には
相手の指し方によっては
使えない戦法も多いのですが、
棒銀と四間飛車なら
ほぼいつでも
自分の得意戦法に持ち込めるのです。

 

棒銀と四間飛車は
同時に指せる戦法ではありません。

そこで、
最初の得意戦法としては
どちらかを選ぶことになります。

では、どちらを選ぶべきでしょうか。

 

将棋の戦法は大きく分けて
「居飛車」と「振り飛車」という
2つのグループに分類されます。

棒銀は「居飛車」の戦法、
四間飛車は「振り飛車」の戦法です。

そのため、
得意戦法を棒銀か四間飛車の
どちらかに決めることは、
指す戦法を居飛車にするか
振り飛車にするかを
決めることにもなります。

もし居飛車と振り飛車の
どちらかを指したい
という
思いがすでにあるのであれば、
それに応じて棒銀と四間飛車を
選び分けましょう。

もしこだわりがないのであれば、
両方を試しに指してみて、
どちらを指してみたいかを
感覚で決めるのでよいと思います。

「なんとなくこっちがいい」
という直感

意外と大事なものなのです。

どちらか選ぶときの参考となるように、
棒銀と四間飛車が
どんな戦法なのかも
紹介しておきます。

棒銀はどんどん攻める戦法

「棒銀」は居飛車の戦法のひとつ。

基本的にどんどん攻めていきます

攻め方の基本を学ぶのに
最適な戦法です。

また、相手がどんな構えでも
棒銀で攻めていくことができ、
自分の囲いも自由に決められるため、
とても応用範囲が広い
戦法と言えます。

 

一方、あまり囲わずに
攻めていくことが多いので、
玉の守りは薄いです。

自陣の守りに不安があるのが、
棒銀のデメリットになります。

四間飛車はまずしっかり守る戦法

「四間飛車」は振り飛車の戦法のひとつ。

まず最初に「美濃囲い」に
しっかりと囲うので、
棒銀に比べると
守りの戦法と言えます。

いきなり戦いにはならないので
安心感があり、
落ち着いて指せるのが良いところです。

その一方、
駒組みが終わった後に
どう攻めればいいのかが
わかりにくい
という
デメリットがあります。

 

このように、棒銀と四間飛車には
それぞれ特徴があるので、
自分に合った方を選びましょう。

棒銀と四間飛車を
それぞれ何局か指してみれば
どちらが自分に合っているかが
わかってくるものですので、
試してみてください。

まとめ

将棋を上達するには、
まずは得意戦法を決めて
繰り返し指すことが効果的です。

それによって、
効率良く経験を積んで
強くなることができます。

最初の得意戦法として
オススメなのは、
「棒銀」と「四間飛車」。

ためしにどちらも指してみて
自分に合った方を選び、
得意戦法として
どんどん指してみましょう。

それが上達への早道です。

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.