梅澤浩太郎のブログ。

初心者は小さくてもいいから最初の一歩を踏み出そう【世界が変わる】

 
初心者は小さくてもいいから最初の一歩を踏み出そう
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。会社を辞めたいけれど辞められない人向けに無料メール講座をはじめました。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

初心者は小さくてもいいから最初の一歩を踏み出そう

「○○を始めてみたいんだけど、一歩踏み出せない……」
「ずっと準備はしているんだけど、挑戦して失敗するのが怖い……」

そんな悩みをお持ちではありませんか?

 

私も何かに挑戦しようとして、でも怖くて動けなかったことは過去に何度もあるので、その気持ちはわかります。

そんな私も、自分のビジネスを進めながら初めてのことをたくさんする中で、しぜんと挑戦ができるようになってきました。

 

この記事を読めば、最初の一歩を踏み出すことがどうしてそんなに大事なのか理由がわかって、行動に移せるようになります。

そして、わかっていても一歩踏み出せない人のために、対策も紹介します。

ぜひ、やりたいことを実現するために役立ててください。

初心者は最初の一歩を早く踏み出すのが大事

初心者は「とにかく最初の一歩を踏み出す」ことが大事です。やりたいことがあるのであれば、なるべく早くとりかかりましょう

すぐにやり始めない理由としては、以下のようなものが考えられます。

  • 新しいことをやろうかどうか迷っている
  • 失敗しないように、準備を万全にしておきたい
  • どうせやるなら効率の良い方法を探したい

 

私もよくこうしたことを考えてしまいます。しっかり準備をしたり効率の良い方法を探すのは、正しいやり方のように思えます。

しかし実際には、準備などはせずにすぐに始めてしまうほうが、結果として効率が良く、成功につながりやすいのです。

やってみないと何もわからないから

なぜ準備もせずにすぐに始めた方がいいかというと、「やってみないと何もわからないから」です。

始める前に準備をする場合、「こういう問題が起こりそうだから、あらかじめ対策を立てておこう」などと考えることになります。でも、始める前の段階では、先の予想をしてもあまり当たりません

 

たとえば私は本格的にブログを始めるとき、わからないことだらけでした。ブログをやるとなると、サーバーやドメイン、デザイン、広告、記事のテーマなど、考えないといけないことがたくさんあります。

とはいえ、始める前だとそれぞれの要素がどんなものなのかがよくわかっていないので、準備をしようとしても、漠然としたことしかできません。

すると、3時間ぐらい考えても、何も進まなかったりするのです。何日もかけてがんばってデザインについて調べたことも、実際にブログを始めてみると、何の役にも立たなかったりしました。

 

このように、何かを始める前に時間をかけて準備をしたりしても、ムダになりがちです。だからこそ、とにかくやり始めてみて、実際に問題が出てきたときにそれに対処するほうが、圧倒的に効率が良いのです。

ブログで「有料級」の情報を売ろうと悩んでいる人の例

先日、「これからブログを始めようと思っている」という人の相談に乗る機会がありました。

その人は「自分は有料級の情報を持っているが、これをブログに書くと売り物がなくなってしまう。だから、無料で公開するブログには何を書けばいいのか悩んでいる」という話をしていました。

 

よくある悩みではあるのですが、これは「まだ始めていない人」の典型的な質問だなと思います。この場合の初心者の人のいちばんの問題は、「自分がブログを書けば人は自然と集まる」という意識を持っていることです。

実際にブログを始めてみればすぐにわかることなのですが、ブログを始めても誰も読んでくれません。残念ながらそれが現実です。

たとえ自分で「有料級」だと思うものを惜しみなく出したとしても、最初のうちはアクセスがほとんどないものです。

 

もし最初の一歩を踏み出して、ブログを始めてみれば、「誰も読んでくれない」という現実がすぐにわかります。すると自然と次の目標は「読んでもらえるようになろう=アクセスを集めよう」と思うはずです。そのためにいろいろ工夫をはじめたときが、本当のスタートになります。

その初心者の人は「有料級」の情報をどうするかを考えるばかりで、ブログを始められずにいました。そうして始める前に考えたことは、トンチンカンなものになりがちです。だからこそ、「最初の一歩を踏み出す」ことが大事なのです。

 

最初の一歩を踏み出せば、それまで持っていた不安や疑問がどうでもいいことだと気づき、本当に大切な問題を発見します。これは「世界が変わる」と言えるほどの大きな変化です。

私もブログを始めたときには、これを経験しました。ともかく、世界が変わって見えるところまで行きましょう。

「わかっていてもできない」ときの対処法2つ

「一歩踏み出すのが大事なのはわかったけれど、自分にはすぐにはできそうもない」と感じた人もいるかと思います。

たしかに、誰でもわりと簡単にはじめられるブログとは違って、たとえば転職や起業のように、一歩踏み出すのに大きな決断が必要な場合もあります。あるいは、性格として、やっぱり挑戦は怖いという人もいるでしょう。

そうした人向けに、対策を2つ紹介します。

  1. 「知識ではなく行動」を意識しよう
  2. 自分でもできる小さな変化を積み重ねよう

①「知識ではなく行動」を意識しよう

一歩踏み出すというのは、つまり「行動」をすることです。「知識」を集めるのではなく、少しでも「行動」することを意識することで、最初の一歩を踏み出せるようになっていきます。

 

たとえば、いまは事務の仕事をしているけれど、デザイナーとして転職したいと考えているとします。そのとき、いきなり会社をやめるのは不安が大きいでしょう。かといって、デザインの勉強をしたり転職の知識を増やすだけでは、何も変わらないし効果的な準備もできません。

そんなときにできる「行動」が何かを考えてみると、たとえば副業としてデザインの仕事に応募してみるといいです。クラウドソーシングサイトやココナラなどを使えば、レベルが低めで自分にもできそうなものが見つかるでしょう。

 

そうして、仕事に応募することはりっぱな「行動」です。応募したとしても、結果として仕事を受注できないかもしせません。でも、「仕事を受けよう」と行動することで、デザイナーとして仕事をするために必要なことが、今までになくはっきりと見えてくるでしょう。つまり、「世界が変わる」感覚が得られるのです。

 

いきなり一歩踏み出すのが難しい場合は、なにか少しでも行動できないかと考えてみましょう。

②自分でもできる小さな変化を起こそう

やっぱり挑戦は怖いという人におすすめなのが、「変化する」ということです。一歩踏み出したり、行動をすると、失敗する可能性があります。でも、「変化」であれば、失敗する心配もいりません

 

たとえば、ふだんは通らない道をとおって買い物にいくとか。朝に起きてからのトイレ、顔を洗う、朝食、ハミガキなどの順番を入れ替えてみるとか。

そんな簡単なことでかまわないので、「変化」を起こしてみるのです。

 

変化をすることに慣れることで、安全ないまの状況から抜け出す準備が整っていきます。一歩を踏み出せる心の状態になっていくのです。

どうしても一歩踏み出すのが怖いという人は、安全な変化を起こすことから始めてみてください。

まとめ

まだ何も始めていない初心者のうちは、これからどんな問題が起こって何が必要になるのか、ぜんぜんわかりません。

そんな状態で準備をしても、時間のムダになりがちです。

だから、まずは小さくてもいいから最初の一歩を踏み出しましょう

すると世界が変わって見えて、自分のやるべきことが見えてきます。

一歩踏み出すのは怖いかもしれませんが、行動を意識したり小さな変化を起こすことで、挑戦できるようになりましょう。

 

「失敗が怖い」という気持ちが強い人のために、本を書きました。

今なら無料でプレゼントしているので、よかったらチェックしてみてください↓

 

 

 

—————————

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

・会社を辞めたい!
・でも、周囲の人にどう思われるかと考えると怖い
・辞めたらこれまで積み上げてきた人生がムダになる気がする
・退職後の手続きがわからなくて不安
・お金が心配で動けない…

私も以前は、こうした思いを抱えて悩んでいたのです。

会社を辞めたいけれど一歩踏み出せない
という人の役に立ちたいと思い、
無料のメール講座をはじめました。

もし興味があれば
チェックしてみてください。

【無料】退職メール講座をチェックする

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。会社を辞めたいけれど辞められない人向けに無料メール講座をはじめました。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

Copyright© コタローノート , 2021 All Rights Reserved.