「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

アンコールトムの南大門、バイヨン、象のテラス~タイ,カンボジア27

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

アンコールトムでは南大門、バイヨン寺院、
象のテラスを観光しました。

いたるところに仏様の顔が彫られており、
不思議な雰囲気が漂っています。

ガイドさんの説明を聞きながら回ったので、
像や建物にどんな意味があるのかなど
遺跡の理解を深めることができました。

広大な「アンコールトム」

アンコールバルーンに乗った後、
アンコールワットの北に位置する
「アンコールトム」に移動しました。

「アンコールトム」はクメール語で
「大きな都」という意味です。

城砦都市としてして12世紀後半に建設され、
周囲を12kmにおよぶ堀と
高さ8mの城壁で囲まれています。

その広大な敷地の中に
数々の遺跡が点在
しています。

 

とにかく広いので、徒歩で回るのは大変。

ツアーに参加するか、
個人でトゥクトゥクなどを手配する必要があります。

「南大門」はアンコールトムへの入り口

アンコールトムには「南大門」から入ります。

この門自体が観光スポットなので、
バスを降りてガイドさんの説明を聞きました。

堀を越える橋の向こうに門があり、
両側にはたくさんの像が並んでいます↓

 

左側が神様、右側が阿修羅の像で
それぞれ54体もあり、
不老不死の霊薬「アムリタ」を得るために
蛇神ナーガを引き合う「乳海攪拌」の様子を
表しているそうです。

ヒンドゥー教の神話では
この「乳海攪拌」によって天地が創造されたとのこと。

像の先頭を見ると、
ナーガを表すヘビの形の像がありました↓

 

像の頭の部分だけ、
色が変わっていて不自然です↓

 

これは異教徒の侵略によって、
像の頭部が盗まれたり破壊されてしまったため。

色が変わっている部分は、
補修されて新しく作られた部分だそうです。

南大門の上部を見ると、
仏の顔が彫られているのがわかります↓

 

これは「四面仏尊顔」といって
仏様が4方向のすべてを見ていることを表しており、
アンコールトム内のいたるところにありました。

南大門の写真を撮った後、
バスに乗り込んでこの狭い門をくぐり、
まっすぐに伸びる道を進みます↓

 

両側に林しかない道なのですが、
歩くと20分ぐらいはかかるそうです。

退屈な道をひたすら歩くのはしんどいので、
車で移動できて助かりました。

「バイヨン寺院」は四面仏尊顔がたくさん

南大門からまっすぐ進んだ先にあるのが、
アンコールトムの中心である「バイヨン寺院」

とても美しい寺院で、
アンコールワットのように
水面に映っているところを撮れました↓

 

バイヨン寺院では中に立ち入って、
内部を見学することができます。

階段をのぼって門をくぐり、
上部テラスを目指しました↓

 

外側の部分は崩壊していて、
積み上げられた石が無造作に転がっていました。

あわれな感じがしますね↓

 

上部テラスではたくさんの四面仏尊顔
間近に見られます。

バイヨン寺院では49基もの仏塔に
尊顔が装飾されているそうです。

あちこちに顔があって、
写真スポットばかりでした↓

 

中央には祭壇があり、
仏像がまつられています↓

 

祈っている人がいましたが、
おそらく地元の人なのでしょう。

この場所まで来る観光客は少なくて、
ここだけ静かで厳かな雰囲気でした。

「象のテラス」は意外と小さくて地味

バイヨン寺院の見学を終えて、
階段を降りて入り口のあたりまで
戻ってきました。

時刻は午前10時50分ごろ。

日差しも強くなってきて、
本格的に暑くなってきました

階段の多い寺院の中を歩き回って、
けっこう疲れているところ。

 

南大門を見学したときのように
またすぐにバスに乗って移動するのかと思ったら、
そうではありませんでした。

ガイドさんは車には乗らず、
そのまま北の方に歩いていきます。

なぜ道を歩くのかと不思議に思っていると、
次なる見どころが左の方に現れました。

それが「象のテラス」↓

 

壁面に象が彫刻されていることから
そう呼ばれています。

実物を見てみると意外と小さくて
想像していたものとはずいぶん違いました。

ツアーの紹介ページを見ると
「南大門」「バイヨン」に並ぶ
観光スポットという扱いなのですが、
その2つに比べると明らかに見劣りがします。

 

ガイドさんもこの「象のテラス」については
あまり解説をしませんでした。

それどころか立ち止まることもなく、
どんどん先へと歩いていきます。

ツアー参加者は「象のテラス」を横目に
まっすぐ歩きながら、少し写真を取るだけ。

観光スポットにしては、
てきとうな扱いでした。

象のテラスは350mもあるので、
端から端まであるくだけでも距離があります↓

 

炎天下の中を歩きながらだったので、
立ち止まって観光するのは
ツアー参加者にとって大変な状態ではありました。

なので、時間をかけずに通り過ぎたガイドさんの判断は
適切だったと思います。

 

 

象のテラスの横を通り抜けた先で
バスが待っており、
冷房のきいた車内に乗り込んで
やっと一息つけました。

この後、バスで次の目的地の
「タプローム」へと向かったのでした。

 

 

私が今回利用したツアーはこちら↓

 

タイ・カンボジア旅行記の全記事は
こちらにまとめてあります↓

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.