梅澤浩太郎のブログ。目標・理念は「スキルを進化させつづける人になる」。

海外航空券、フランス往復の値上がり実例

 
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

海外航空券をネットで自分で買うときの
やり方について、
前回の記事で紹介しました↓

今回、私が購入したのは
フランス行きの航空券です。

その航空券。

買う時期が少しずれるだけで、
価格が大きく変動していることがわかったので紹介します。

■航空券の価格は変わる

航空券の価格は、買う時期によって大きく変わります。

これは、新幹線など列車の料金がほとんど変わらないのとは
対照的です。

さて、前回紹介した手順で買った航空券。
成田とパリの往復で、
今回はサーチャージ込みで約14万円でした。

さすがはゴールデンウィーク、お高い。

出発日と現地出発日をそれぞれ
料金のピークから2日ずらしたにもかかわらず、
けっこういいお値段となってしまいました。

 

しかし、この後1週間ちょっと経ってから
改めて料金を検索してみると、
なんと同じ条件では約17万円に値上がりしていました。

なんとその差は3万円!

さらに1週間後に検索すると、
今度は19万円に!

約2週間で5万円の値上がりです。

 

3ヶ月も先の予約が1週間とか2週間
ズレただけなのに・・・。
改めて、決めるのが遅れることの怖さを感じました。

■航空券は早めに買おう

航空券の価格が変わることは、
もちろん知識としては知ってはいました。

しかし今回、自分の乗る便の価格が
どんどん上昇していく様子を実際見て、
けっこうびっくりしました。

 

今回の自分の場合も、もっと早い時期から
フランスに行くことを決めていればと
少し後悔もあります。

ですが、それでも3ヶ月前に決めた
今回はまだマシだったと、
自分を慰めています。

次回への教訓ですね。

 

みなさんも、海外行きの航空券を買うときには、
早めの購入を心がけましょう!

 

 

 

—————————

私の10年以上にわたる体験と学びを
一冊の電子書籍にまとめ、
今なら無料でプレゼントしています。

感想がどんどん届いており、
「読みやすくてためになる」
「この書籍に出会えてよかった!」
など、大好評です。

もし興味があれば
チェックしてみてください。

無料で電子書籍を読んでみる

メールアドレスを入力するだけで
無料ですぐに受け取れます。

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
1987年12月生まれ。群馬県在住。「スキルを進化させつづける人になる」を目標・理念として活動中。私の過去の経験や学んだことをまとめた電子書籍「失敗しない思考法」を今だけ無料でプレゼント中。「将棋マッチ」にて、将棋を教える仕事もしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© コタローノート , 2018 All Rights Reserved.