「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

詰将棋の3手詰で「駒を捨てる」感覚を身につける利点3つ

 
詰将棋の3手詰
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

詰将棋の3手詰

詰将棋の3手詰では
「駒を捨てる」練習を
することができます。

「駒を捨てる」感覚を
身につけることの利点は3つあり、
一気に将棋が上達します。

そのため、
初心者の方はまず1手詰をやるとしても、
慣れてきたら3手詰もやるのが
がオススメです。

私自身も、
駒を捨てられるようになって
将棋が強くなった実感があります。

3手詰で「駒を捨てる」という
感覚を身につける利点3つと
私の経験をまとめました。

何手詰を解くべきか

詰将棋が将棋の上達に効果があるというのは
よく知られていることですが、
何手詰めを解くのがいいのか
というのは悩ましいところ。

この点については
詰将棋は自分がテンポよく解ける程度の
短手数をやるのがいい

というのが私の考えです。

将棋の初心者であれば1手詰、
少し上達してきたら
3手詰めがちょうどいいでしょう。

長い手数を解いた方が
良いような気がするかもしれませんが、
解くのに時間がかかったり
時間をかけても解けないほど長手数の問題を
解こうとするのはオススメしません。

それよりは多くの問題に触れた方が
上達のためには効率がいいからです。

 

短ければ短いほど
多くの問題に触れられますし、
詰将棋をやったことのない人であれば
まずは1手詰をやるのがいいでしょう。

1手詰については
こちらの記事にくわしく書きました↓

 

そして、
1手詰がスラスラと
解けるようになったら、
次はぜひ3手詰にも挑戦してほしいです。

1手詰と3手詰の違いは、
3手詰には「駒を捨てる」
という手が盛り込まれていること。

「駒を捨てる」とは
「相手にわざと自分の駒を取らせる」
という意味。

3手詰を解けば
「駒を捨てる」という感覚を
身につけることができるのですが、
その利点3つを順番に説明します。

利点①実戦で駒を捨てられるようになる

利点の1つ目は
「実戦で駒を捨てられるようになる」
ということです。

 

将棋を覚えたら、
まずは「駒を損しない」
ということを身につけるのが大事。

タダで駒を取られないように、
価値の低い駒と価値の高い駒の
交換にならないように、
気をつけて指すことになります。

「駒を損しない」のは
とても大切な考え方である一方、
少しでもレベルが上がってくれば
それだけでは勝つことはできません。

将棋を上達するためには、
「駒を損しない」の反対である
「駒を捨てる」ということも
覚えなければいけないのです。

 

とはいえ、
せっかく駒を損しないことを覚えたところに
今度は「駒を捨てなさい」と言われても、
とまどってしまうでしょう。

特に飛車や角などの
強力な駒を捨てることは
はじめのうちは勇気がいることで、
いきなりできるようにはなりません。

そこで「駒を捨てる」ということは
実戦とは別の手段で学ぶのが有効。

その方法こそが詰将棋、
特に3手詰
なのです。

詰将棋でなら
駒を捨てるという部分だけを
何度も繰り返して
練習することができます。

 

駒を捨てたあとに
玉を詰ますイメージができてはじめて、
大事な駒を捨てることが
できるようになるもの。

3手詰を繰り返すことで
「駒を捨てる形」
が見分けられるようになってきます。

繰り返し練習することによって、
ようやく実戦でも
「駒を捨てる」ことが可能に。

このことによって、
「駒を損しない」だけの場合よりも
ずっとレベルの高い将棋を
指すことができるようになるのです。

利点②タダの場所に駒を動かせるようになる

利点の2つは、
「タダで取られる場所に
駒を打ったり動かせるようになる」

ということです。

これも「駒を捨てる」という
感覚が身についているからこそ
できることなのです。

 

例えば王手で銀を打って、
それをもし取れば
詰みになるという場合。

相手がその狙いに気づいて
銀を取らなければ、
すぐに詰むことはありません。

でも、その銀を打てたことで
攻めの拠点ができて
一気に有利になったりします。

そうしたタダで取られる駒を打てるのは、
もしそれを取れば詰ませられる
ということがわかっているからこそ。

駒を捨てる詰みを覚えることで、
詰み以外の場合でも
攻めがうまくなるのです。

利点③将棋が強くなっていると実感できる

利点の3つ目は
「将棋が強くなっていると実感できる」
ということ。

 

駒を損しないような攻めばかりでは、
だんだん勝てなくなってきます。

そういった手は
相手も予想しているので、
あらかじめ対策してくるからです。

でも、駒を捨てる攻めは
相手も予想していないことが多いもの。

特に将棋の初心者や級位者
どうしの対戦では、
駒を捨てることを覚えれば
一気に勝率が高まるでしょう。

すると自分が将棋が強くなったことを
感じられるのです。

 

私自身、
大学で将棋部に入って
本格的に将棋をはじめたばかりのころは
ぜんぜん勝てませんでした。

同級生たちはみな
中学や高校でも将棋部で、
入部した当初から強かったので
当然です。

でも、詰将棋などを通して
「駒を捨てる」ということを
身につけたことで、
だんだんと勝てるようになっていったことは
今でも印象に残っています。

それまでは
相手の思い通りに転がされていた
だけだったのが、
「駒を捨てる」ことによって
相手の想定外の手を
指せるようになった感覚

自分よりはるかに強かった同級生にも、
ときどき勝てるようになっていきました。

そんなときは同級生が
「おまえもこんな手が指せるようになったのか」
と悔しがりつつ感心していたのを
よく覚えています。

そんなときには
自分の将棋が確実にレベルアップした
ことを感じられて、
とてもうれしかったです。

 

やはり将棋を上達していくうえでは
「自分はだんだん強くなっている」
という実感があると
モチベーションが上がります。

私にとっては
「駒を捨てる」ということが
まさに自分が強くなっている実感に
つながったのでした。

まとめ

詰将棋の3手詰で
「駒を捨てる」感覚を身につけることで、
以下の3つの利点があります。

①実戦で駒を捨てられるようになる
②タダの場所に駒を動かせるようになる
③将棋が強くなっていると実感できる

 

これらの利点を得られるように、
ぜひ3手詰の練習をしましょう。

 

 

3手詰をやるなら
こちらの本が定番でオススメです↓

 

 

3手詰の前の段階の
1手詰については、
こちらの記事をどうぞ↓

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.