「観る将棋ファン」向け情報発信ブログ。旅行記なども。

将棋の初心者でもカンタン!1手詰の詰将棋で詰みの形を覚えよう

 
1手詰の詰将棋で詰みの形を覚えよう
この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

1手詰の詰将棋で詰みの形を覚えよう

将棋をやってみたいと思ったとき、
何から始めればいいのでしょうか。

まず最初は駒の動かし方などの
ルールを覚えるとして、
その次は?

 

私のオススメは
1手詰の詰将棋を解くことです。

将棋の初心者の方でも
1手詰は手軽に取り組めます。

詰将棋で「詰み」の形を覚えることで、
「将棋の対局をする」という段階に
スムーズに移れるようになりますよ。

将棋では「詰み」が大切

将棋を指せるようになるには、
「詰み」がわかる
ことが大切です。

なぜかと言えば、
将棋では相手の玉を詰ますことが
ほぼ唯一の勝利条件で、
毎回必ず「詰み」が出てくるから。

 

将棋を指そうとすると、
色々な戦法や手筋や格言など、
覚えなければいけないことが
たくさんある気がします。

でもそういった知識は
結局はすべて、
相手の玉を詰ますまでに使う
手段でしかありません。

 

ですから、
将棋の最終目的である
「詰み」がわかっていないと、
他のことを覚えても
将棋が指せるようには
ならないのです。

逆に言えば、
将棋のルールと「詰み」
さえわかっていれば、
将棋は指せるようになります。

自分で「詰ます」をやってみる

では「詰み」とは何でしょうか。

「詰み」とは、
「どう指しても次の手で玉が取られてしまう状態」
のことです。

こうやって言葉にしてみても、
イメージがつかみにくいかもしれません。

でも「詰み」という言葉は
将棋を観戦していると
しょっちゅう出てきます。

対局者が投了したあと
「どこに逃げても詰みとなります」
といった解説を聞いたことがある人は
多いでしょう。

 

でも、「これで詰んでいます」
という局面をたくさん見せられても、
なかなか自分で「相手の玉を詰ます」
ということは
できるようにはなりません。

例えば、
料理番組をたくさん見たところで
それだけで料理ができるように
なるわけではありませんよね。

料理ができるようになるためには、
包丁を使ったり
火加減を調節したりと
実際に自分の手を動かしてみなければ
いけないのです。

「詰み」を覚えるのも同様で、
自分自身で考えて
「詰ます」や「詰まされる」をやってみる

ことが必要です。

 

ただ問題なのは、
一局の将棋の中で
「詰み」が体験できるのは
一回きりであること。

将棋のルールを覚えたばかりのころには、
一局将棋を指すだけでも大変です。

すごく時間がかかりますし、
そもそも「詰み」がわかっていなければ
勝ちそうになったとしても
決着がつけられません

将棋を指せるようになるために
「詰み」を覚えようとしているのに、
そのために将棋を指そうとするのでは
わけがわかりません。

 

ではどうするか。

実は、「詰み」を覚えるのに
もってこいの教材が
将棋界には存在しています。

それが「詰将棋」です。

詰将棋の中でも
「1手詰」
詰みを覚えるのに最高なのです。

詰将棋の「1手詰」をやろう

詰将棋の「1手詰」というのは、
「ここでどう指せば相手の玉が詰むかを考える問題」
です。

1手指すと玉が詰むので「1手詰」と言います。

玉が詰むまでの手数が
3手の「3手詰」や5手の「5手詰」
などもありますが、
それらは難しいので
まずは1手詰をやりましょう。

1手詰であれば、
将棋の初心者の方でも
解くことができます。

 

詰将棋を解くことで、
自分の手で詰ます感覚
を身につけられます。

さきほどの料理の例で言えば、
自分の手を動かして料理を作るわけです。

詰将棋のいいところは、
将棋の中でも「詰み」の部分だけを
何度も集中して練習できる
ところ。

詰みの練習を繰り返すうちに、
こういう形になると詰みだというのが
ひと目でわかるようになってきます。

それが「詰みの形を覚える」
ということです。

 

これによって実際の対局でも
相手の玉を詰ませたり、
逆に自分の玉の詰みを防ぐことが
できるようになってきます。

詰将棋を解くときには
詰みの形を覚えることを意識すると
早く上達できます。

1手詰はルールの復習にもぴったり

詰将棋はを解くことは、
将棋のルールの復習にもなります。

詰将棋を解く中で、
駒を動かせる場所を
何度も確認することになり、
自然に覚えていきます。

 

それに駒を「成る」ということが
詰将棋の中ではたくさん出てきます。

成った後には
駒を動かせる場所が変わります
が、
その練習としてもちょうどいいです。

 

だから、駒の動かし方が
まだカンペキには覚えられていない
という人にも、
1手詰は本当にオススメです。

一冊の詰将棋を繰り返しやろう

1手詰をたくさん解くために、
ぜひ一冊は詰将棋の本を買いましょう。

どの本でも勉強になりますが、
私のオススメの1手詰の本はこちら↓

この「ハンドブック」シリーズは
解きやすくて勉強になると
とても評判がいいです。

この1冊に1手詰が
なんと300題も収録されています。

本の最初の方には
簡単な問題が集められており、
初心者の方でも解けるので安心です。

 

詰将棋の本を解くときのポイントは、
繰り返しやることです。

1回解いただけでは、
「詰みの形」は
なかなか身につかないものです。

一通り解いた後に
また最初から解き直してみると
よくわかります。

一度やった詰将棋なのに
なかなか解けない問題
があることに
気付くはずです。

とはいえ2周目には
サクッと解ける問題も多いですから、
一通り解くのにかかる時間は
最初のときよりもかなり短くなるはずです。

そうして3周目、4周目と
やっていくうちに、
手こずる問題も減ってきて、
「詰みの形」がどんどん身についてきます。

 

全部の問題が
スラスラと解けるようになればカンペキ。

実際に人と対局しても
何の問題もない力

身についているはずです。

自信を持って
将棋の対局をしてみましょう。

まとめ

将棋を指せるようになるには、
「詰み」の形を覚えることが大切です。

そのためには、
まずは1手詰の詰将棋を解くこと。

詰将棋をやることで
駒の動かし方も覚えられるので、
将棋の練習にはもってこいです。

1手詰の本を一冊マスターするころには、
立派に対局できるようになっています。

将棋をやってみたいと思ったら、
そのときがタイミングです。

詰将棋の本を一冊買って、
始めてみましょう。

 

 

 

将棋の上達法などを発信する
メルマガもやっています。

メルマガに登録してくださった方限定で
動画もプレゼントしているので、
ぜひチェックしてみてください。

プレゼント動画を受けとる


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

もしこの記事が役にたった!
と思っていただけたなら、
すぐ下のボタンから
SNSなどでシェアしてもらえると
とてもうれしいです。



動画プレゼント

将棋をはじめたばかりの人に、
最初の一歩で
つまずいてほしくない。

その思いで、
将棋の勉強法がわかる動画を
プレゼントしています。

初心者でもカンタン!
1日10分のスキマ時間で
確実に将棋が上達する方法

ぜひお役立てください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
梅澤 浩太郎
将棋講師。棋力はアマ四段。 インターネット上で将棋を教われるサイト、将棋マッチを開設・運営しています。 1987年12月生まれ。群馬県在住。 このブログでは自分でイラストを描きつつ情報発信中。叡王戦を支援しています。 将棋を始めたころからずっと、一番好きな棋士は藤井猛九段。 海外旅行が好きで旅行記も書いています。

Copyright© コタローノート , 2019 All Rights Reserved.